Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

トレイラー/動画

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

フットワーキングス

犯罪が後を絶たない貧困地区で育ち、ハードなダンスの練習を重ね、プレッシャーと日々戦いながら夢見る若者達。シカゴ発のダンススタイル“Footwirking(フットワーキング)”は新ジャンルのダンススタイルとして世界中から今、注目されている。その第一人者であるダンスチーム「FootworKINGz(フットワーキングス)」が、互いに助け合いショービジネスの最高峰に昇り詰めるまでを、ダンスバトル・パフォーマンス満載で追っていく感動のストーリー。

ハリウッド式 恋のから騒ぎ

映画プロデューサーのチャーリー(ウィリアム・H・メイシー)の人生は、どん底にあった。 かつては第一線の活躍をしていたが、それも過去の栄光。 起死回生の作品として、甥が書いた大作の映画化を決意するが、物事はそんなにうまく運ばない。 そこに乗り込んできたのは、ヤリ手プロデューサーのディドラ(メグ・ライアン)。 全く意見が一致しない彼女とチャーリーだったが、衝突しながらもお互いを認め合い、次第に惹かれあっていく。 しかし、周りは演技のロクにできないアクションスターやセリフをすぐに忘れてしまう往年の老俳優たち。 さらには、ロケ地のケープタウンで主演スターが、テロ組織に誘拐されてしまうハプニングまで起こってしまう。 果たして、作品は完成するのか?! 二人の関係はハッピーエンドとなるのであろうか?

陰獣

日本の作家:大江春泥を敬愛してやまないフランスの犯罪小説家アレックス(ブノワ・マジメル)は、大江の作品を 非常に意識した新作を発表し、日本にプロモーションにやってくる。もちろん大江にもできれば会いたいという思い を抱え来日するが、この大江という作家、世界的に有名であるのに、誰一人として姿を見たものはいないという。 京都でプロモーションを続けるアレックスは、ある日、出版会社の接待で御茶屋へ行くことになる。そこで流暢なフランス語を話す美しい芸妓に出会う。彼女との出会いがアレックスの運命を大きく変えていくことになるが…。

ワイルド・ライズ

強盗団のリーダーレオを筆頭に、サンチェス、モニカ、レゼリオの4人はメキシコの大銀行から1200万ドルを盗み出す。しかし、マネーロンダリングのために訪れたブエノス・アイレスで、現金の取引現場を謎のグループに襲撃される。取引相手は死亡し、用意されていた双方の現金は持ち去られてしまう。もともとの取引相手であったブエノスアイレスの裏社会を取り仕切るテキサンは激怒。4人に嫌疑をかけたテキサンは拷問の末レオを殺害し、モニカを人質に24時間以内に現金を取り戻して来いとサンチェス達に命令する。少ない手がかりを元に、失われた現金を追う二人。刻々と迫るタイムリミットの中、突き止めた犯人はもう一人の有力者、悪徳警察署長のパブリトだった。

ザッツ★マジックアワー
ダメ男ハワードのステキな人生

法律学校を出たばかりのトロイ(コリン・ハンクス)は、法律家になる夢を半ばあきらめつつ、落ち目のマジシャン、バック・ハワード(ジョン・マルコビッチ)のアシスタントとして働きだす。彼には実力はあるものの、中々売れないでいた。そんな彼とドサ周りを続けるが、父親のゲーブル(トム・ハンクス)はトロイのキャリアの選択に猛反対する…。“メンタルマジック”の先駆者、Amazing Kreskin(アメージング・クレスリン)からインスパイアされた人物を主役にした、心温まるステキなハートフル・コメディ。

ジョン・カサヴェテス コレクション

誰も撮らなかったアメリカ、誰も描くことのなかった人間関係の深淵がここにある。 ハリウッドのスタジオ・システムを拒否し、生涯インディペンデントの立場で映画を撮り続けた男、ジョン・カサヴェテスが残した不朽の5作品が、HDリマスター&オリジナルスクリーンサイズで甦る!

ライフ・ドア 黄昏のウォール街

弟のジョシュア(アダム・スコット)と共に革命的なIT系ベンチャー企業ランドシャーク社を立ち上げたトム・スターリング(ジョッシュ・ハートネット)。強気の経営スタイルで次々と仕事を獲得し業界一の大企業にまで成長させ成功をおさめた彼は、周囲の忠告にも耳をかさず傲慢な態度をとり続けた。突然のIT業界の株の暴落により、トムの会社も経営困難な状況に陥ってしまう。経営陣はじめ両親や、弟のジョシュアでさえも今までの傲慢な態度に我慢できず彼のもとを離れていってしまった。再会したかつての恋人サラ(ナオミ・ハリス)にまでも自己中心的な人間になったかを告げられ、築き上げてきた栄光と心の壁が崩れ落ち・・・・。

プロテージ 偽りの絆

香港の麻薬市場の半分を牛耳るクァン(アンディ・ラウ)の元で、7年間潜入捜査を続けるニック(ダニエル・ウー)。病にかかっているクァンは、身重の妻(アニタ・ユン)や病気がちな娘のことを思案し、ニックを後継者に育てようとしていた。ニックの部屋の前に住む、フェン(チャン・チンチュー)とその娘ジンジンは頼れる人が全くいない。そんな2人を見兼ねたニックは、親娘を気遣い食事を幇助し、徐々に距離を縮めていく。そんなフェンの腕に醜い注射痕が。麻薬をやめさせようと尽力するニックの前に、フェンの前夫(ルイス・クー)が現れる。麻薬から足を洗おうとするフェンに、麻薬漬けの日々に舞い戻らせようとつきまとう前夫。そんな中、少しずつ麻薬密売の真相に近づいていくにつれ、クァンの絶対的信頼に対する自分の裏切りや、麻薬を取り巻く真実に、少しずつ分からなくなっていくニック。麻薬の真実が今暴かれる—

エンバー 失われた光の物語

地上からはるか深くに建設された地底都市<エンバー>。住人たちは地上へ出たことが無く、都市全体の電気を供給する発電機の光を頼りに生活していた。しかし、建設されて200年が経ったあるとき、エンバーでは何度も停電が起こり始める。発電機が限界を迎えていたのだ。暗闇の中で生活する時間が段々と増え、住人たちは「永遠に光が消えてしまう」という不安を抱えていた…。 そんなとき、エンバー・スクールを卒業したばかりの少女、リーナが偶然、家の屋根裏で古びた箱を見つける。その中には。妹のポピーのせいで虫食い状態になってしまったが、「出口」の文字が書かれた文書が…。 もしかしてエンバーの出口の場所が書かれているかもしれない、と考えたリーナは、その文書をもとに、少年ドゥーンと共に光を求めて冒険の旅に出る——!

さくらんぼ 母ときた道

1980年代の中国、豊穣な水田を擁した美しい棚田が広がる雲南省の農村。知的障害を持つ桜桃(インタウ)は、足の不自由な葛望(グォワン)と結婚した。ふたりは貧しいながらも支え合って暮らしていたが、ある夜、桜桃は村に捨てられた赤ん坊を拾う。桜桃は赤ん坊を紅紅(ホンホン)と名付け、自分の子供として育てるが、桜桃が赤ん坊中心の生活を送ることに戸惑う葛望は桜桃に内緒で赤ん坊を売り飛ばしてしまう。桜桃は呆然としたまま、紅紅を乗せた車を追って町に出て行き、ボロボロになった靴で何日も何日も紅紅を捜し続ける。その一途な想いに打たれた葛望も諦めて赤ん坊を我が子として育てることにする。こうして、再び母と子、家族の幸せな生活が始まった。紅紅にとって母の愛は、母親が採ってくれるサクランボの甘さのように優しかった。しかし、成長するに従い、紅紅は知的障害者である母を疎ましく思うようになっていく…。

マンディ・レイン
血まみれの金髪女子高生

学園1の美少女“マンディ・レイン”は美しく汚れのない少女。しかし、(彼女の彼氏になるという)校内最高の名誉は、いまだ誰にも与えられてはいない。 そんな中、彼女の友人のクロエとレッドは、週末にレッドの家族が所有する牧場でのパーティへと彼女を誘う。彼女に憧れている男子にとっては、マンディ・レインに近づくために、ようやく訪れたチャンスだった。テキサスの大地を車で走りながら、少年たちは徐々にマンディの周囲に張られたガードを剥がしていく。やがて夜が落ち、本能がその場を支配する中で、やがてひとり、またひとりと参加者が姿を消していく・・

バーン・アフター・リーディング

ワシントンのフィットネスセンターで働くチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)が更衣室で拾った1枚のCD-ROMには、CIAの機密情報が書き込まれていた。その頃、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、自分が機密情報を紛失したと知って狼狽し・・・。オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、夫の危機に気づくこともなく、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫生活を満喫中。さらにハリーは、出会い系サイトで意気投合したリンダとも関係を重ねていた。そんな5人が・・・。

悲夢

ある日、ジンは交通事故に遭遇する夢を見た。それは、あまりにも悲惨な事故であった。夢で見たその事故が気にかかり現場へ足を運ぶと、夢で見た事故と全く同じ交通事故が起きていた。 犯人はランと名乗る女性。しかし、ランは全く覚えがないと主張する。 不可思議な現象はその後も続き、ジンの見た夢と同じ行動をランは夢遊病という形でとってしまう事実を知る。 見ず知らずの二人は「夢」でつながっていた。 ジンは夢の中でも会いたいと懇願していた過去の恋人の夢を見、そのためランは会いたくない過去の恋人に会いに行ってしまう。ジンは唯一夢の中だけが過去の恋人を感じる時間であった。 これ以上夢を見ないで欲しいと願うラン。次第に恋心が芽生えていくが、止むことのない夢でお互いを傷つけてしまう。 果たして、この夢はいつまで続くのかー。

リプリー暴かれた贋作

稀代の詐欺師トム・リプリー。舞台はロンドン、パリ。彼の獲物は、莫大な金額が動く現代アートと、そこに群がる富豪たち。リプリーのターゲットは、新進気鋭の画家ダーワット。しかし、ダーワットは、程なく自動車事故によって死亡してしまう。このままでは、予約の殺到している絵は売れず、巨額の損失を被ってしまう。そこでリプリーは、その死を隠匿し、替え玉によってダーワットの贋作を制作しようと計画する。万事がうまく運び、名声と大金を手に入れ、大富豪の美人令嬢と恋に落ちたその時、作品を贋作だと主張する男が現れた。そこでトムがとった行動とは一体?!

明成皇后

先代王・哲宗(チョルジョン)の喪が明け、第26代王・高宗(コジョン)の妃選びが始まったことで、宮廷内には政争の火種がくすぶり始める。13歳で王位に就いた高宗の執政を補佐してきた大王大妃 趙(チョ)氏は、これを機に摂政役を退くことを宣言するが、権力をむざむざ手放すつもりなどなく、何事かを画策しているようだった。高宗の父・大院君の悩みの種はそればかりではない。彼の長年の悲願でもある宮廷の権威復興のための大事業、景福宮の再建は遅々として進まず、あろうことか高宗が宮女と情を通じていたことも明らかになった。後々外戚が政治に干渉してくることを避けるため、王妃は貧しく権力争いとは無縁の家系から選ばなければならない。王妃選びを急ぐ大院君が目をつけたのは妻の遠縁にあたるしとやかな閔(ミン)氏の娘、後の明成皇后その人であった…。

シェルブールの雨傘
ロシュフォールの恋人たち

シェルブールの雨傘
フランス北西部の港町シェルブールで、ささやかだけれど美しい恋を育む自動車修理工の若者ギイと傘屋の少女ジュヌヴィエーヴ。恋に恋する年頃のジュヌヴィエーヴに未亡人の母夫人は心配顔。出かけるたびに嘘をつきながらもジュヌヴィエーヴはギイと出会う時間が嬉しかった。だがある日、アルジェリア戦争の徴集礼状がギィに届き、二人は離れ離れとなってしまい—。

ロシュフォールの恋人たち
軍港の町ロシュフォールにめぐってきたお祭りの季節。 旅芸人のエチエンヌとビルのコンビが到着しショウの準備を始めた。 美しい双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌも、新しい恋の予感を感じ思わず歌い出す。 町に駐屯している水兵マクサンス、彼が訪ねたカフェのマダムで姉妹の母であるイヴォンヌ、彼女のかつての恋人手シモン・ダム、その友達の著名な作曲家アンディ。 町中が沸き立つ週末の3日間に、彼等の出会いが交錯しては新たな恋が生まれ、かつての恋が再燃する—。

オブジェクティブ

アメリカ中央情報局(CIA)の作戦本部は2001年11月の世界同時多発テロの3日後、 偵察衛星がアフガニスタン山間部で放射能反応を察知した。 CIAはアルカイダの核兵器を懸念し、所属しているエージェント、ベンジャミンを送り込む。 彼のミッションは、謎の男モハメド・アバンを探すことだった。 アメリカ陸軍特殊部隊チームを引いてアフガンの砂漠を進んでいくが、 突如彼らは何者かからの攻撃を受け、次々に謎の死をとげる。 全くの未知の敵に苛立ちを覚える特殊部隊員たち。ベンジャミンは、沈黙を守っている。 果たして、彼らが遭遇した<何か>とは?ベンジャミンの真の目的とは一体?

サン・ルイ・レイ

18世紀、ペルーの都市リマ。 山奥の聖地へと続くサン・ルイ・レイ橋が落ち、偶然居合わせた5人が、不慮の事故で命を落としてしまう。 偶然、目撃した1人の聖職者。 彼は6年もの歳月をかけ、犠牲者たちが、なぜあの場所で命を落とすことになったのかをつぶさに検証していった。 遠い地にいる娘を思う侯爵夫人、修道院から侯爵夫人に仕える女。 病に倒れてしまった悲劇の女優の娘とその想いを伝えられずにいる舞台俳優。 兄弟を亡くした双子。 それぞれの人生を記録したその調査書が示す5人を導いた“大いなる力”とは一体何なのか?

アラトリステ

13歳から己の腕だけを頼りに死と背中合わせの戦場を生き抜いてきた剣士アラトリステ(ヴィゴ・モーテンセン)。戦死した友との誓いを守るため、戦場からマドリードに戻り、彼の息子を引き取る。そんな折、「イギリスからきた異端者ふたりを殺せ」という奇妙な依頼が舞い込む。そこには、スペイン国王をも巻き込む宮廷の謀略が隠されていた。剣に生きる誇り、共に戦う仲間たちへの忠義、そして愛する女性、マリアへの秘めた思い…。すべてを胸におさめ、アラトリステは再び激しい戦いへと身を投じる。

ナンパの定石

投資マネージャーのジウォン(ソン・イェジン)とフリーの建築家ミンジュン(ソン・イルグク)は共に「ナンパとは技術ではなく科学」と信じるナンパのプロ。 ある時、偶然出会った2人は一目で“タダものではない”と感じあう。お互いに惹かれ合いながらも、、自分から想いを伝えることは決してプライドが許さない。果たして、恋愛百戦錬磨の2人がの“恋愛バトル”の行方はいかに!?

バトル・イン・シアトル

1999年11月、シアトル。 WTO(世界貿易機関)の閣僚会議が予定される中、 地球温暖化や発展途上国での低賃金労働を懸念した活動家たちによる、 大規模な非暴力デモが行われた。 市長が市民と武力行使を行わないことを約束していたが、 突如街中のウィンドウガラスが割られ、テレビでは警察がデモ隊に催涙ガス弾を撃つ、 衝撃的なニュースが流れた。 避難勧告が発令され、道はデモ隊と警官隊との衝突で塞がれ、街中が荒れ始めて行く。 そしてシアトルは戦場と化す——。

デンジャラスな妻たち

数十年間にわたり主婦そして母としての生活を謳歌してきたブリジット(ダイアン・キートン)は、夫(テッド・ダンソン)がリストラで仕事を失ったため何の仕事のスキルもないまま連邦準備銀行の掃除婦として働くことになる。職場で出会ったシングルマザーのニナ(クィーン・ラティファ)や、底抜けに明るいジャッキー(ケイティ・ホームズ)と友人となったブリジットは、廃棄される札束を連邦準備銀行から盗み出すことを思いつくのだが・・・

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
ページの一番上へ