ジャケット1大
ジャケット2大
ジャケット3大

ブルーレイ:セル専用

マリー・アントワネットに別れをつげて

フランス革命勃発ー 宮廷朗読係の少女は心酔するマリー・アントワネットから<身代わり>の命を受ける。 少女とヴェルサイユ最後の3日間ー 愛と運命、衝撃の結末とはー?

フランスで最も権威のあるフェミナ賞に輝いたベストセラー小説を映画化。監督はフランス映画の重鎮ブノワ・ジャコー。 実際の宮殿でのロケを敢行し、時代の香りを余すことなく伝えた、愛と死の緊迫に満ちたヴェルサイユ最後の3日間。

ジャケット2小 ジャケット3小

ストーリー

1789年7月14日、いつもと変わらぬ優雅な朝を迎えたはずのヴェルサイユが1枚の紙に震える。
フランス革命勃発のきっかけとなる、バスティーユが陥落し、王妃マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)と
その寵愛を受けるポリニャック夫人(ビルジニー・ルドワイヤン)の名前も載った286人のギロチンリストが発表されのだ。
朗読係のシドニー(レア・セドゥ)は心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃から思いもよらなぬ頼みを命ぜられる。

キャスト

レア・セドゥ
(『ミッドナイト・イン・パリ』
『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』)

ダイアン・クルーガー (『イングロリアス・バスターズ』)

ビルジニー・ルドワイヤン(『8人の女たち』)

グザビエ・ボーヴォワ(『ポネット』『神々と男たち』)

ノエミ・ルボフスキー(『メゾン ある娼婦の館』)

ミッシェル・ロバン(『甘い罠』)

スタッフ

監督 ブノワ・ジャコー
(『トスカ』『イザベル・アジャーニの惑い』)

脚本 ジル・トーン&ブノワ・ジャコー

原作 シャンタル・トマ

音楽 ブリュノ・クーレ

特典

【初回限定封入特典】
■4Pリーフレット

【特典映像】
■レア・セドゥ来日インタビュー
■ダイアン・クルーガー インタビュー
■予告編集(オリジナル予告編、日本版予告編)
■キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
■プロダクションノート(静止画)

DATA

 品番BBXF-2042
 発売日2013/07/02
 価格4,700円(税抜)
 画面16:9LB(スコープサイズ)
 字幕1.日本語字幕 2.日本語字幕(手書き風フォント) 3.吹替用字幕
 音声1.フランス語dts-HD Master Aidop5.1ch 2.日本語吹替dts-HD Master Audio 2.0ch
 指定PG12
 公開日2012年12月公開
 製作国フランス/スペイン
 製作年2012
 ジャンル洋画
 サブジャンルドラマ&歴史劇
 収録分数約100分
ページの一番上へ