ジャケット1大
ジャケット2大
ジャケット3大

DVD:セル専用

ソークト・イン・ブリーチ 〜カート・コバーン 死の疑惑〜

不可解過ぎる死から21年――、次々と明らかになる衝撃の真相。

ジャケット2小 ジャケット3小

ストーリー

1994年4月8日。ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンの死体がシアトルの自宅で発見され、世界中に衝撃が走った。シアトル警察の発表によると死因は自殺だった。
91年発表のアルバム『ネヴァーマインド』が全世界的に大ヒット、90年代グランジ/オルタナティヴ・ブームの火付け役は、ジェネレーションX世代の代弁者に祭り上げられた。が、カート自身は、その立ち位置に違和感を覚え、プレッシャーを感じていることを隠さなかった。だから多くのファンは、深い哀しみの中にあっても、どこかで彼の自死を受け入れていた。
しかし、カートの自殺に疑問を持つ人物が現れた。カートの死の数日前、妻コートニー・ラヴに雇われた私立探偵トム・グラントである。元LA保安官であるトムは、当時のコートニーの状況や言動、死体発見現場の様子、シアトル警察の対応に不審を抱き、仮説を立てた。“カートはコートニーによって殺された”と。以来20年にわたり綿密な捜査を実施、その仮説を証明するに至る。
捜査資料、関係者への取材、証拠音声、再現ドラマを駆使して他殺説を裏付けていく本作『ソークト・イン・ブリーチ』は、ショッキングなドキュメンタリー・ドラマである。次々と明らかになる新事実、そして事件の真相は……この映画を観た者だけが知ることになるだろう。

キャスト

【ドキュメンタリー・パート】
トム・グラント(私立探偵)、マックス・ウォリス(犯罪ジャーナリスト)、ゲイリー・スミス(第一発見者)、ノーム・スタンパー(元シアトル警察署長)、シリル・H・ウェクト博士(法医学者)、ヴァーノン・J・ゲバース(元ブロンクス殺人課司令官)、イアイン・マキンタイア(毒物学者)、ヴィンセント・ディマイオ博士(法医学者)、ハイディ・ハラルソン(文書鑑定人)、キャロル・チャスキ(法言語学者)、ジョン・フィスク(シアトル消防局)ライアン・アイグナー(初代マネージャー)、アーロン・バークハード(初代ドラマー)
カート・コバーン(アーカイヴ出演)、コートニー・ラヴ(アーカイヴ出演)
【ドラマ・パート】
トム・グラント:ダニエル・ローバック(『ハリソン・フォード 逃亡者』『追跡者』『デビルズ・リジェクト 〜マーダー・ライド・ショー2〜』)
コートニー・ラヴ:サラ・スコット(『アーティスト』)
ディラン・カールソン:オーガスト・エマーソン(『TIME/タイム』)
ドナルド・キャメロン巡査部長:ジェリー・ホーク(『ウォルト・ディズニーの約束』『マッチスティック・メン』)
カークランド刑事:パット・アサンティ(『恋するリベラーチェ』『ディスクロージャー』)
ローズマリー・キャロル:ジュリー・ランカスター(『デクスター 〜警察官は殺人鬼』TV)
カリ(マイケル・デウィット):ジョナサン・グラウト
カート・コバーン:タイラー・ブライアン

スタッフ

監督・製作・脚本:ベンジャミン・スタットラー[『ネイビー・シールズ』(2012)製作総指揮]
製作・脚本:ドニー・アイカー、リチャード・ミドルトン[『アーティスト』(2011)、『ヒッチコック』(2012)]
撮影:ベン・クッチンス
編集:ジャヴィア・アルヴァレズ、デイヴィッド・モーリッツ

特典

特典映像(約5分):オリジナル予告編、日本版予告編

DATA

 品番HPBR-40
 発売日2016/04/02
 価格3,900円(税抜)
 画面16:9LB シネスコサイズ
 字幕日本語字幕
 音声英語(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)
 指定無し
 公開日2015年12月公開
 製作国アメリカ
 製作年2015
 ジャンル洋画
 サブジャンルドキュメンタリードラマ
 収録分数約89分
ページの一番上へ