ジャケット1大
ジャケット2大
ジャケット3大

ブルーレイ:セル専用

ロマンポルノ45周年記念・HDリマスター版ブルーレイ
「天使のはらわた」ブルーレイ・ボックス(石井隆 描き下ろし装丁・限定版)

「ファム・ファタール(運命の女)」名美と村木、ロマンポルノに奏でられた、 愛と別れの変奏曲。 石井隆原作・脚本「天使のはらわた」シリーズ、<オリジナル描き下ろし装丁>ブルーレイボックス再臨。

石井隆原作・脚本によるロマンポルノ「天使のはらわた」シリーズ4作のブルーレイ・ボックス。ヒロイン名美と村木の各物語が、曽根中生・田中登・池田敏春、そして石井隆監督によって奏でられる名篇ブルーレイ変奏曲!石井隆描き下ろしによる特別装丁版!

ジャケット2小 ジャケット3小

ストーリー

「天使のはらわた 赤い教室」
ポルノ雑誌の編集者村木哲郎は、ブルーフィルムを観てそのスクリーンに釘付けになった。放課後、空き教室で数人の男にレイプされる女。仕事に追われ、気乗りしないグラビア撮影に忙殺される毎日に、あのブルーフィルムの女の「顔」が忘れられない。ある日、撮影でラブホテルに行った村木は、そのホテルで受付をしている女に目を留める。あの「顔」だ。「ブルーフィルムの女」土屋屋名美との出会いだった…。

「天使のはらわた 名美」
女性週刊誌記者、土屋名美は取材を進めていた。テーマは「強姦・その後」、強姦された女性達のその後をルポするものだった。名美は、高校生のとき強姦され現在ストリッパーをしている蘭を訪れる。帰りぎわにぶつかったサングラスの男がどこか気にかかった。その後、ある大出版社の社史にストリップ小屋の男の顔を見つけた。男は村木哲郎。エリート編集者だった頃、妻が強盗に強姦され、やがて妻は男を家に引き入れ情事にふけり駈け落ちしてしまっていた。以来、村木は身をもち崩し、エロ雑誌の編集者になっていた。名美は村木に惹かれていく…。

「天使のはらわた 赤い淫画」
デパートに勤める名美は、同僚の瞳からアルバイトを紹介された。ビニール本のモデルだった。半ば強制的に撮影され、「赤い淫画」と題されたそのビニ本は密かな大ヒットとなっていた。アパートに変な電話がかかり、不審な男につけられるようになった。上司の阿川と情事を続ける名美はビニ本が会社で話題になって辞めさせられてしまう。村木健三は「赤い淫画」に魅せられた男の一人だった。ビニ本のモデルに思慕は募るばかりの毎日だった。ある日、名美は健三から声をかけられる。健三は名美に魅せられ、彼女を追っていたのだ。必死に想いをうちあげる健三に、男なんて皆同じだと思いながら翌日のデートを約束した…。

「天使のはらわた 赤い眩暈」
土屋名美は総合病院に勤務する22歳の看護婦だ。カメラマンの太田健一と同棲し、将来は結婚したいと考えていた。夜勤で患者に犯されそうになり家に戻ると、マンションでは健一がモデルの真子と情事の最中だった。名美は家を飛び出す。村木哲郎はその夜、失意のどん底にいた。30過ぎの証券マンで、入社以来ガムシャラに働き成績をあげてきたが客の金に手を出し、首が回らなくなっていた。妻には逃げられ、会社もクビになった村木はやけになって車を走らせていて、名美をはねてしまう…。

特記
※製作年数
1979年「天使のはらわた 赤い教室」
1979年「天使のはらわた 名美」
1981年「天使のはらわた 赤い淫画」
1988年「天使のはらわた 赤い眩暈」

※本商品は成人映画「ロマン・ポルノ」として劇場公開された作品です。リリースに際して、一般社団法人 日本コンテンツ審査センターによる審査を受けています。ご了承 ください。

※原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
※表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録しております。

キャスト

「天使のはらわた 赤い教室」
水原ゆう紀/蟹江敬三/あきじゅん/水島美奈子/堀礼文/草薙良一

「天使のはらわた 名美」
鹿沼えり/地井武男/水島美奈子/青山恭子/山口美也子/宇南山宏/古尾谷雅人

「天使のはらわた 赤い淫画」
泉じゅん/阿部雅彦/伊藤京子/沢木美伊子/山科ゆり/栗田陽子

「天使のはらわた 赤い眩暈」
桂木麻也子/竹中直人/小林宏史/山内ゆうほ/江崎和代/木築沙絵子/泉じゅん/柄本明(友情出演)

スタッフ

「天使のはらわた 赤い教室」
監督:曽根中生 脚本石井隆/曽根中生 原作:石井隆 プロデューサー:海野義幸 企画:成田尚哉
撮影:水野尾信正 美術:柳生一夫 音楽:泉つとむ 録音:橋本文雄 照明:熊谷秀夫 編集:鍋島惇 助監督:浅田真男

「天使のはらわた 名美」
監督: 田中登 原作・脚本: 石井隆 プロデューサー: 結城良煕 企画: 成田尚哉 撮影: 森勝 美術: 菊川芳江 録音:木村瑛二 照明:新川真 編集: 鍋島惇 音楽: アビスリ 助監督: 池田敏春

「天使のはらわた 赤い淫画」
監督:池田敏春 原作・脚本:石井隆 プロデューサー:結城良煕 企画:成田尚哉 撮影:前田米造
美術:菊川芳江 音楽:甲斐八郎 録音:小野寺修 照明:木村誠作 編集:川島章正 助監督:児玉高志

「天使のはらわた 赤い眩暈」
原作・脚本・監督:石井隆 プロデューサー 海野義幸/成田尚哉 企画:作田貴志 撮影:佐々木原保志 美術:細石照美 録音:酒匂芳郎 照明:金沢正夫 編集:川島章正 助監督:萩庭貞明

特典

●音声特典(「天使のはらわた 赤い眩暈」のみ)石井隆監督×竹中直人×成田尚哉(元日活企画プロデュサー)による音声コメンタリーを収録!石井隆監督誕生、竹中直人と石井隆監督の出会い、ロマンポルノと石井隆、製作から29年、すべてを語りつくした特別音声特典!

●オリジナル劇場予告篇・フォトギャラリー収録(※予定。予告編原版の無い作品は収録されません。)

●バリアフリー字幕(聴覚障がい者向け字幕)付仕様!

●ピクチャーディスク仕様

●石井隆オリジナル描き下ろしによるオリジナル特製アウター装丁!

※デザイン・特典及び仕様はすべて予定です。発売時には予告無く変更になっていることがあります。また特典と仕様は各作品ごとに異なります。ご了承ください。

※ボックスに収録されている各作品は、同時発売の単品商品と同一のものです。

DATA

 品番HPXN-65
 発売日2017/07/04
 価格16,800円(税抜)
 画面16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ/ビスタ・サイズ
 字幕バリアフリー字幕(聴覚障がい者向け字幕)
 音声1.日本語 Dolby TrueHD2.0ch モノラル(オリジナル) 2.日本語 Dolby Digital モノラル(コメンタリー) ※「赤い眩暈」のみコメンタリー有
 指定R18
 製作国日本
 製作年1979
 ジャンル邦画
 サブジャンルロマンポルノ
 収録分数約318分
ページの一番上へ