ジャケット1大
ジャケット2大
ジャケット3大

DVD:セル専用

みえない雲

その雲が彼女の運命を瞬時に変えた! 原発事故が引き起こす極限状況下を描いた パニック・エンタテインメント!

チェルノブイリ原発事故から20年・・・ドイツでセンセーションを巻き起こし数々の賞を受賞したベストセラー小説を完全映画化!絵空事ではない極限状態の恐怖を描いたパニック・エンタテインメント!

ジャケット2小 ジャケット3小

ストーリー

高校3年生のハンナは、幼い弟ウリーと口うるさい母親の3人で暮らすごく普通の女の子。ある日、転校生のエルマーから呼び出され人気のない教室へ行くと、ぎこちない会話の後に突然のキス。しかしそんな幸せな気分も束の間、突然けたたましいサイレンが鳴り響く。
美しい自然に囲まれた、のどかで小さな街を襲った突然の大惨事。近郊の原子力発電所が事故を起こしたのだ。街はパニックに陥る。「必ず迎えに行くから、家で待ってて」。ハンナは彼の言葉を信じてウリーと自宅で待つが、放射能を帯びた雲が迫ってくる。母親の行方も分からないまま仕方なくウリーを連れ外に出たハンナは、極限状況下で暴徒化した群衆に巻き込まれてしまう。次々と降りかかる予想も出来ない困難に、勇気を持って立ち向かうハンナ。果たして彼女は再びエルマーに会う事が出来るのだろうか?

キャスト

ハンナ:パウラ・カレンベルク
エルマー:フランツ・ディンダ
ウリー:ハンス=ラウリン・バイヤーリンク
パウラ:カリーナ・ヴィーゼ

スタッフ

監督:グレゴール・シュニッツラー
脚本:マルコ・クロイツパイントナー
原作:グードルン・パウゼヴァング「みえない雲」(小学館文庫刊)
プロデューサー:マルクス・ツィンマー

特典

【特典映像】
■日本版劇場予告編
■オリジナル予告編
■本国版インタビュー(パウラ・カレンベルク、フランツ・ディンダほか)
■来日時インタビュー(グレゴール・シュニッツラー監督、パウラ・カレンベルク)
■メイキング

DATA

 品番BIBF-7210
 発売日2007/05/25
 価格3,800円(税抜)
 画面16:9LBビスタサイズ
 字幕1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
 音声1.ドイツ語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーデジタル2.0chステレオ
 指定無し
 公開日2006年12月公開
 製作国ドイツ
 製作年2006
 ジャンル洋画
 サブジャンルパニック/ドラマ
(C)2006 licensed by Bavaria Media GmbH / all rights reserved.(C)2006 Clasart Film und Fernsehproduktions GmbH
 収録分数約103分
ページの一番上へ