Pictures

RELEASE INFORMATION

鬼姫競艶録

DVD
ジャケット

踊るひばり!唄うひばり!波瀾と陰謀を斬る颯爽の若衆姿!天守閣に恋と剣の火華散る!

尾張のお家騒動を美女と隠密の活躍で解決する痛快時代劇。美空ひばりが、全編で歌と踊りを披露し大殺陣を展開する。 将軍吉宗と御三家筆頭の尾張城主宗春とは表面は親しかったが内心では互いに牽制し合っていた。江戸城大奥での二人の自慢話は、犬のことにまで及び、紀州の名犬日本丸と尾張の名犬鯱太郎を闘わせることになった。この話を聞いた尾張侯上屋敷は大騒ぎ。宗春は吉宗の手前、見得を切ったが、実は今から名犬を探さねばならなかったからだ。国表の星の巣谷に狼がいるところから宗春の娘綾姫が狼の子を求めに江戸を発つことになった。一方、吉宗は部下の馬場権蔵に尾張家の鉄砲製造の真偽を確かめさせるため、また村垣勢四郎に尾張家に鯱太郎なる犬がいるかどうかを調べさすため隠密として出発させた。星の巣谷で綾姫の一行は霧という娘から狼の子を得たが途中足を滑らし崖下に落ちた。それを通りかかった勢四郎が救った。しかし姫の一行の頭、将監は勢四郎を計って谷に落した。勢四郎は霞に救われ、旅を続けたが途中、犬神御殿の中で鉄砲が製造されているのを見た。名古屋城内では綾姫が狼の子・鯱太郎と戯れていたが父宗春は犬山城主成瀬鶴之輔と、彼と姫の婚儀を将軍が勧めていると話していた。しかし鶴之輔は名犬の勝負が済む迄はと受付けない。鶴之輔こと幻丸は、犬の勝負をめぐる両家の対立の虚に乗じ天下をとろうと企てていたのだ。彼は連発銃の詰った行李を旅芝居の品物として名古屋城下へ運ばせた。名古屋城に来た勢四郎は又十郎と変名、犬を馴らすことがうまいことから綾姫の許に住込むことができた。だが鯱太郎の訓練も終わりの日、彼は姫に呼ばれ隠密であることを見破られた。そして姫の両家の確執を除こうという言葉に感激、協力を誓った。犬神御殿の正体と鶴之輔の陰謀を知った二人は、日本丸と鯱太郎対決の日、吉宗と宗春の前で一切を明らかにした。鶴之輔は捕えられた。吉宗から褒美に何でも所望せよといわれ、綾姫は勢四郎を頂きたいと述べ、やがて青空の下、二人は尾張への喜びの旅に就いた。

キャスト

■美空ひばり
■小笠原竜三郎
■筑紫あけみ
■中山昭二
■沼田曜一
■丹波哲郎
■鳥羽陽之助
■中村 彰
■細川俊夫
■江川宇礼雄
■山室 耕
■岬 洋二
■?松政雄
■大谷友彦
■春田ゆかり
■加藤欣子
■大原榮子
■花岡菊子

小浜幸夫、村山京司、三砂亘、?村洋三、倉橋宏明、泉田洋志、矢島孝一、川部修詩、千葉徹、坂根正吾、明日香実、北岡渉二、山口多賀志、淺見比呂志、廣瀬康治、月村雪江、若水陽子、邦千代子、西朱実、岩瀬和枝、太田泰子、?橋マユミ、柿市安代、桂京子、藤川洋子、北沢典子、美舟洋子、茂田井澄子、万里昌子、辻祐子、松尾めぐみ、田沢千代子

スタッフ

■監督:渡邊邦男
■原作:陣出達朗
■脚本:関沢新一
■製作:福島通人、杉原貞雄
■撮影:渡邊 孝
■録音:鈴木 勇
■美術:梶由 造
■照明:秋山清幸
■音樂:万城目正
■助監督:千葉胤文
■編集:永田 伸
■特殊技術:新東宝特殊技術
■製作主任:鈴木義久
■振付:花柳啓之
■主題歌「明日は日本晴れ」「尾張の馬子唄」 作詞:関沢新一/作曲:万城目正/編曲:松尾健司/唄:美空ひばり

DATA

 品番HPBR-779
 発売日2020/12/02
 価格2,500円(税抜)
 画面スタンダード
 音声日本語ドルビーデジタル2.0chモノラル
 指定無し
 公開日1956年01月公開
 製作国日本
 製作年1956
 ジャンル邦画
 サブジャンル新東宝/時代劇
 収録分数約85分

特記

ご予約・お買い求めは、お近くのDVD取扱店・オンラインショップ等で!