REPORT

バックナンバー    []
2014/6/30

『私の男』 が、モスクワ国際映画祭で 《最優秀作品賞》 & 《最優秀男優賞》 W受賞の快挙!

現地時間6/19~28の日程で開催された 【第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門】 に正式出品されていた、絶賛公開中の熊切和嘉監督、浅野忠信さん・二階堂ふみさん主演の 『私の男』 が・・・
《最優秀作品賞》 と 《最優秀男優賞》 を受賞いたしました!
kuma_mo03.jpg

本映画祭で日本映画が 《最優秀作品賞(グランプリ)》(Golden George)を受賞するのは、1999年(第21回)新藤兼人監督の『生きたい』以来15年ぶり。そして、浅野忠信さんが受賞した《最優秀男優賞》(”Silver George”for the best actor)は、1983年(第13回)『ふるさと』(神山征二郎監督)の加藤嘉さん以来、なんと31年ぶりの快挙です!

モスクワ国際映画祭は、カンヌ、ベネチア、ベルリン映画祭と並び 《世界四大映画祭》 といわれる権威ある映画祭で、今回本映画祭のコンペティション部門へは 『私の男』 が日本作品としては唯一の出品で、W受賞を達成いたしました。

熊切監督、浅野忠信さん、二階堂ふみさんから、さっそく喜びのメッセージが届きました!!!

熊切和嘉監督コメント

『私の男』は企画段階から完成に至るまで、様々なトラブルに見舞われた映画でした。それが、モスクワ国際映画祭でグランプリ&主演男優賞だなんて、神様もいたんだなあと!最高です!映画監督になって15年になりますが、結果的に『私の男』が今までで一番、「やりたい放題」やらせていただいた映画でした。映画を志していた少年時代に抱いていた想いが、確信に変わりました。これからは、より気合いを込めて「やりたい放題」やっていこうと思います。スタッフ、キャストはじめ、この映画に関わった全ての人に感謝致します!本当にありがとうございました。

浅野忠信さんコメント

とても嬉しいです!この作品に対しての意気込みや思い入れは、誰にも負けないものでしたし、役作りに関しても、与えられた時間を活かし見えてくるものが大きかったため、力が入ってました。正直思い入れが強すぎて、焦ってしまったり、熱くなりすぎてしまうことがありました。まさかこんな形で報われるとは思っていなかったので、今は素直に皆さんに感謝しております。自分はまともでない時もありますが、自分の好きなことに対しての情熱を強く信じております。ですからどうかこれからも見続けていただけると嬉しいです。

二階堂ふみさんコメント

熊切監督おめでとうございます。浅野さんおめでとうございます。映画『私の男』おめでとうございます。モスクワの地でこの作品が評価された事を幸せに思います。この作品に関われたことを誇りに思います。

★『私の男』 全国絶賛公開中★

熊切監督が捉えた映像美、浅野忠信さんと二階堂ふみさんの迫真の演技に、今一度ご注目ください!

流氷で起きた殺人事件。解き明かされる父娘の秘密・・・・・
50万部突破!直木賞を受賞した桜庭一樹氏のベストセラー小説、衝撃の映画化!

10歳で孤児となった少女・花は、遠縁にあたる青年・淳悟に引き取られる。孤独な二人は、北海道紋別の田舎町で寄り添うように生活を送っていた・・・・・・。

“禁断の純愛とエロス” に心震える、切なくも美しい物語。浅野忠信と二階堂ふみが、16年に及ぶ父と娘の濃密な関係に繊細かつ迫真の演技で挑む。鬼才・熊切和嘉監督により、北海道の壮大な風景を舞台に、観客の心を激しく揺さぶる日本映画の至宝というべき最高の一本が誕生した。全国絶賛公開中!
watashinootoko_poster.jpg
©2014「私の男」 製作委員会

私の男
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹「私の男」(文春文庫刊)
出演:浅野忠信 二階堂ふみ 高良健吾 藤竜也 ほか
©2014「私の男」 製作委員会

バックナンバー    []