Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

ラスト ナイツ

『シン・シティ』『トゥモロー・ワールド』といった話題作の主演を務め、ハードボイルドな男の魅力を匂い立たせてきたクライヴ・オーウェン。『ショーシャンクの空に』などの幾多の名作で知られ、『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー助演男優賞に輝いたモーガン・フリーマン。この英米の大物俳優ふたりを日本人監督として初めて演出し、時代も場所も特定されない架空の封建国家を舞台に、日本人の心に深く染み渡った忠誠心、名誉、正義、尊厳といったテーマを、民族や宗教などの枠に囚われない設定のもとで追求し、世界中の観客に投げかけるという壮大な試みに挑んだ野心作。それが『CASSHERN』『GOEMON』で無類の世界を築き上げた紀里谷和明監督が5年の歳月をかけて完成させたハリウッド・デビュー作『ラスト ナイツ』である。

とある封建国家を舞台にした物語は、高潔な心を持つ領主、バルトーク卿が悪徳大臣ギザ・モットの奸計に陥り、いわれなき反逆罪に問われるところから始まる。腐敗がはびこる国の未来を憂うバルトークは皇帝から死刑を宣告され、彼の忠実な部下である騎士団の隊長ライデンが斬首の役目を命じられる。バルトークから「使命を果たせ」と告げられたライデンは、断腸の思いで敬愛する主君の首に刀を振り下ろした。

それから一年後、身分を剥奪され、領地から追放された “最後の騎士”たちは誇りを懸けた死闘に身を投じていく……

主君への揺るぎない忠誠心を胸に、難攻不落の城と不条理な権力に挑む、気高い騎士たちの姿を描き出すヒューマン・ドラマ『ラスト ナイツ』。本作は、紀里谷監督が活動の場を移したハリウッドで出会った、ある脚本から製作が始まる。それは二人のカナダ人によって、あの「忠臣蔵」を題材に描かれた心震える騎士達のドラマだった。徹底的な時代考証の調査が施され、オリジナルの魂を忠実に受け継いでいたその脚本を読んだ紀里谷監督は語る。「内なる声がシンプルに呼びかける脚本でした。『これは正しいのか、それとも間違っているのか?』と。その答えは、民族や宗教、国籍や出自に関わらず、誰もが知っているものだと確信しました」。紀里谷監督はその脚本を世界に向けて映画化することを決意した。

紀里谷監督はそのグローバルなコンセプトに基づいてキャスティングを進め、彼の独創的なヴィジョンと脚本に魅了された名優たちの出演が続々と決定。ライデン役のクライヴ・オーウェン、バルトーク役のモーガン・フリーマンを始め、『ダイ・ハード4.0』のクリフ・カーティス、『硫黄島からの手紙』の伊原剛志、『別離』のペイマン・モアディ、韓国の国民的俳優アン・ソンギといった多様なルーツ&キャリアを誇る俳優陣のアンサンブルが実現した。さらにノルウェーの怪優アクセル・ヘニーが、悪役イメージを極限まで肥大化させたギザ・モットに扮して圧倒的な存在感を放っている。

東欧チェコの古城や修道院で撮影を実施し、荘厳な風景の数々をカメラに収めた映像世界は重厚なトーンに貫かれ、時に絵画的な美しさを湛えている。また刀や弓矢を駆使したアクション・シーンもふんだんに盛り込まれ、とりわけ雪が舞う幻想的なムードのなか、ライデン率いる騎士団が難攻不落の城攻めに挑むクライマックス20分間のスリルとエモーションは圧巻。『ゼロ・グラビティ』でアカデミー編集賞を受賞したマーク・サンガー、『ブラザーフッド』『ベルリン・ファイル』といった韓国の大ヒット作を支えてきたアクション監督チョン・ドゥホンなど、17ヵ国の才能から成るクルーの仕事ぶりも見逃せない。

まさにサムライの魂が乗り移ったかのようにストイックで、気高く、勇敢なる“最後の騎士”の討ち入りは、どのように世界中の観客の目に映るのか。紀里谷監督の5年越しの情熱が結実し、すでに全30ヵ国以上での公開が決定した心揺さぶる快作の全貌をぜひ目撃してほしい。

とある封建国家の領主、バルトーク卿(モーガン・フリーマン)の城に、都からの使者が書状を携えてやってきた。それは皇帝(ペイマン・モアディ)に取り入る悪徳大臣ギザ・モット(アクセル・ヘニー)からの露骨な賄賂の要請である。高潔で思慮深いバルトークは、このような不正が横行する国の未来を憂い、都への旅立ちを前にして騎士団のリーダー、ライデン(クライヴ・オーウェン)を呼び出す。年老いて体を病んでいるバルトークは、「私の魂を継ぐのはお前だ」とライデンを自らの後継者に指名。かつて天涯孤独のならず者だったライデンは、自分を騎士に取り立ててくれた主君への恩義を改めて胸に刻み、バルトーク家に代々伝わる名刀を拝受するのだった。

遠路はるばる都に上京したバルトークは、さっそくギザ・モットと対面するが、献上したのはたった一枚の衣だった。賄賂を拒絶されて激高したギザ・モットは、邪悪な本性を剥き出しにしてバルトークに暴力をふるった揚げ句、彼をいわれなき反逆罪で告発。皇帝と諸侯が居並ぶ裁きの場に引っ立てられたバルトークは、ギザ・モットを「国家を蝕むガン」と痛烈に批判し、「裁きは受けるが、私の魂は裁かれない」と威厳に満ちた態度で言い放つ。それを受けて皇帝から直々に死刑が宣告され、ライデンが斬首を行うよう言い渡された。「私にはできません」と頑なに拒絶するライデンだったが、すでに死を覚悟したバルトークから「使命を果たすのだ」と諭され、断腸の思いで敬愛する主君の首に刀を振り落とす。

ギザ・モットの非情な仕打ちはさらに続いた。領地はすべて没収され、バルトークの妻マリア(ショーレ・アグダシュルー)と娘リリー(ローズ・カトン)が追放された城には火が放たれる。仕えるべき主君を亡くしたライデンの騎士団も解散を強いられ、由緒正しきバルトーク家は名実共に崩壊した。

<一年後>

いっそう栄華を極め、権勢をほしいままにしているギザ・モットの唯一の気がかりは、バルトークの忠実な部下ライデンの存在だった。異常なまでに用心深いギザ・モットは、良識派の重臣オーガスト(アン・ソンギ)の娘である妻ハンナ(パク・シヨン)にお茶の毒味をさせ、腹心の護衛官イトー(伊原剛志)にはライデンの監視を命じる。さらに自らの居城には、敵の襲撃を防ぐための鋼鉄の門や迷路を建造していった。

その頃、副官コルテス(クリフ・カーティス)を中心とする騎士団のメンバーは刀を捨て、平民として働きながら、密かにギザ・モットへの報復の準備を進めていた。ところが肝心の隊長ライデンは、酒場に入り浸ってギャンブルや女遊びに明け暮れ、ひたすら無為な日々をやり過ごしていた。地位と名誉、部下と家族のすべてを失ったライデンは、もはや最後に残された主君への忠誠心すら捨て去ってしまったのだろうか。

はたして“最後の騎士たち”は、非業の死を遂げた主君の仇を討つことができるのか。難攻不落の要塞と化したギザ・モットの城を舞台に、誇りを懸けた大決戦がついに始まる……。

1964年、イギリス・コヴェントリー生まれ。イギリス王立演劇学校を卒業後、数多くの舞台に立ち、『ブルーム』(88)で映画デビュー。『クローズ・マイ・アイズ』(91)やいくつものTVムービーに出演したのち、『ベント/堕ちた饗宴』(97)、『ルール・オブ・デス/カジノの死角』(97・未)の演技で高評価を獲得し、『ボーン・アイデンティティー』(02)などのハリウッド大作にも進出。ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマンと共演したラブ・ストーリー『クローサー』(04)では、アカデミー賞こそ逃したものの、ゴールデン・グローブ賞やイギリス・アカデミー賞などの助演男優賞に輝いた。そのほかの主な出演作は『ゴスフォード・パーク』(01)、『すべては愛のために』(03)、『キング・アーサー』(04)、『シン・シティ』(05)、『トゥモロー・ワールド』(06)、『インサイド・マン』(06)、『シューテム・アップ』(07)、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(07)、『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』(09)、『ザ・バンク 堕ちた巨像』(09)、『シャドーダンサー』(11)、『キラー・エリート』(11)、TVムービー「私が愛したヘミングウェイ」(12)、『マイ・ブラザー哀しみの銃弾』(13)など。

1937年、テネシー州メンフィス生まれ。少年時代から演劇に親しみ、舞台俳優としてキャリアをスタート。1968年にブロードウェイでデビューを飾り、TVドラマや映画の端役で地道にキャリアを積み重ねた。映画界では初めてアカデミー助演男優賞にノミネートされた『NYストリート・スマート』(87・未)で注目され、ゴールデン・グローブ男優賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞した『ドライビング Miss デイジー』(89)や、同作品に続いて2度目のアカデミー主演男優賞候補となった『ショーシャンクの空に』(94)などで日本でも広く知られる存在となった。アカデミー賞では『ミリオンダラー・ベイビー』(04)で助演男優賞を初受賞し、『インビクタス/負けざる者たち』(09)で3度目の主演男優賞候補になっている。そのほかの主な出演作は『許されざる者』(92)、『セブン』(95)、『コレクター』(97)、『アミスタッド』(97)、『ディープ・インパクト』(98)、『バットマン・ビギンズ』(05)、『最高の人生の見つけ方』(07)、『ダークナイト』(07)、『RED/レッド』(10)、『ダークナイト・ライジング』(12)、『グランド・イリュージョン』(13)、『オブリビオン』(13)、『LUCY/ルーシー』(14)、『トランセンデンス』(14)、『テッド2』(15)など。

1968年、ニュージーランド・ロトルア生まれ。マオリ族の血を引き、ニュージーランドを代表する国際的な俳優として活躍している。『ピアノ・レッスン』(93)で映画デビュー。『救命士』(99)、『スリー・キングス』(99)、『コラテラル・ダメージ』(01)といったハリウッド映画で注目を集め、母国で出演した『クジラの島の少女』(02)も好評を博した。それ以降の主な出演作は『サンシャイン2057』(07)、『ダイ・ハード4.0』(07)、『紀元前1万年』(08)、『エアベンダー』(10)、『コロンビアーナ』(11)など。

1975年、ノルウェー・オスロ生まれ。ノルウェーで記録的な大ヒットを飛ばした『ナチスが最も恐れた男』(08・未)と『ヘッドハンター』(11)で主演を務めた。それ以前には『Uno』(04)で監督、脚本、主演を兼任し、ノルウェーのアカデミー賞と呼ばれるアマンダ賞で監督賞を受賞している。そのほかの主な出演作は『30アサルト 英国特殊部隊』(11・未)、『パイオニア』(13)、『ヘラクレス』(14)。最近では人気TVシリーズ「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」(14)にゲスト出演している。

1970年、ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。5歳の時に家族のルーツであるイランに移り住む。2000年代に脚本家として映画界のキャリアを踏み出し、『Barf rooye kajha』(12)で監督デビュー。アスガー・ファルハディ監督作品『彼女が消えた浜辺』(09)で俳優業に挑戦し、同監督がベルリン国際映画祭金熊賞やアカデミー外国語映画賞を受賞した『別離』(11)でも主要キャラクターのひとりを演じた。近作は『メルボルン』(14・未)、『Camp X-Ray』(14)など。

1969年、イスラエル・テルアビブ生まれ。イスラエル国防軍での兵役を終えたのち、ハリウッドに渡って女優のキャリアをスタートさせた。1991年に母国に戻って数多くのTVシリーズや映画に出演し、スティーヴン・スピルバーグ監督作品『ミュンヘン』(05)でエリック・バナの妻を演じる。『天使と悪魔』(09)ではヒロインのヴィットリア役でトム・ハンクスと共演した。そのほかの主な出演作は『バンテージ・ポイント』(08)、『犬と私とダンナのカンケイ』(12・未)、『マン・オブ・スティール』(13)など。

1952年、イラン・テヘラン生まれ。テヘランでさまざまなパフォーマンス・グループに参加したのち、ロンドンで国際関係論の学位を修得。イラン革命を題材にした戯曲「Rainbow」を友人から渡されたことをきっかけに、本格的に女優の道を歩み出す。『砂と霧の家』(03)で数多くの賞に輝き、アカデミー助演女優賞候補に。それ以降の主な出演作には『エミリー・ローズ』(05)、『マリア』(06)、『イルマーレ』(06)、『旅するジーンズと19歳の旅立ち』(08)などがあり、TVシリーズにも多数出演している。

1963年、大阪府出身。『コータローまかりとおる!』(84)で映画デビュー。その後は映画、TV、舞台で幅広く活躍。主な映画出演作は『半落ち』(03)、『叫』(06)、『十三人の刺客』(10)、『愛と誠』(12)、『BRAVE HEARTS 海猿』(13)、『超高速!参勤交代』(14)、『相棒 −劇場版Ⅲ− 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(14)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)など。クリント・イーストウッド監督作品『硫黄島からの手紙』(06)ではバロン西を演じ、ブラジル映画『汚れた心』(11)ではプンタデルエステ国際映画祭主演男優賞を受賞した。

1952年、韓国・ソウル生まれ。子役としてデビューし、大学卒業後の1970年代後半に本格的にプロの俳優として活動を開始する。『風吹く良き日』(80)、『鯨とり コレサニャン』(84)といった社会派作品で韓国映画を牽引。『ツー・コップス』(94)などで演技の幅を広げ、日本映画『眠る男』(96)にも出演した。現在に至るまで韓国の国民的スターとして活躍を続けている。そのほかの主な出演作は『MUSA −武士−』(01)、『シルミド/SILMIDO』(03)、『光州5・18』(07)、『第7鉱区』(11)、『折れた矢』(12)など。

1968年、熊本県生まれ。15歳の時に単身渡米し、マサチューセッツ州にある全米有数のアートスクールでデザイン、音楽、絵画、写真などを学び、パーソンズ美術大学では建築を学んだ。ニューヨーク在住時の1990年代半ばに写真家として活動を開始。その後、数多くのミュージック・ビデオを制作し、才気あふれる映像クリエイターとして脚光を浴びる一方、CM、広告、雑誌のアートディレクションも手がける。TVアニメ「新造人間キャシャーン」を斬新なヴィジュアル感覚で実写映画化したSFアクション『CASSHERN』(04)で映画監督デビュー。続いて戦国の世を舞台にしながらも、時代劇の枠に収まらない奇想天外なアドベンチャー活劇『GOEMON』(08)を発表した。監督第3作『ラスト・ナイツ』でハリウッド・デビューを果たした。

品番:BIXF-0209
発売日:2016/05/03
価格:4,800円(税抜) 画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.英語 ドルビーTrueHD 5.1chサラウンド
2.日本語 ドルビーTrueHD 2.0hステレオ(吹替)
3.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(オーディオコメンタリー)
公開日:2015年11月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【音声特典】監督:紀里谷和明による本編オーディオコメンタリー
【映像特典】メイキング(映画公開スペシャル番組「世界に羽ばたく日本の勇姿」)/予告集

商品詳細

品番:BIBF-2961
発売日:2016/05/03
価格:3,900円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.英語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(吹替)
3.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(オーディオコメンタリー)
公開日:2015年11月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【音声特典】監督:紀里谷和明による本編オーディオコメンタリー
【映像特典】メイキング(映画公開スペシャル番組「世界に羽ばたく日本の勇姿」)/予告集

商品詳細

ラスト ナイツ