Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

「手元に本を置いておくことすら怖い」―第26回山本周五郎賞受賞の際、選考会でそんな感想が漏れたという小野不由美の傑作小説『残穢』。「十二国記」シリーズ、『屍鬼』など熱狂的ファンをもつベストセラー作家の小野が、「一生で一度しか使えないアイディア」を用いたというこの小説が、満を持して映画化される。小野作品の映画化はこれが初めて。 監督には、近年『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』などのヒット作が記憶に新しいミステリーの名手=中村義洋。 大ヒットOVA『ほんとにあった! 呪いのビデオ』や 『絶対恐怖Booth ブース』などの恐怖演出でも知られる。小野が、それらの作品の熱狂的ファンだったことで奇跡の映画化が叶った。小野自身を彷彿とさせる主人公「私」には、人気実力派女優=竹内結子。想像を絶する謎に挑む知的な役どころを、圧倒的な存在感で演じる。「私」の相棒となり、共に事件の真相を探る女子大生・久保さんには、神秘的な魅力を放つ女優=橋本愛。
好奇心と恐怖の狭間で揺れる様子をリアリティたっぷりに演じきる。初共演となる2人が、人間の業が渦巻く息詰まる物語を動かしてゆく。他に、「私」と同業の作家仲間=平岡に佐々木蔵之介、筋金入りの心霊マニア=三澤に坂口健太郎、「私」の夫でミステリー小説家の直人に滝藤賢一と、個性あふれる豪華な面々が集結した。

小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

1980年生まれ、埼玉県出身。映画のほか、TVドラマ、CM、ナレーションなどで活躍中。主な映画主演作に、『黄線がえり』(03/塩田明彦監督)、『いま、会いにゆきます』(04/土井裕泰監督)、『春の雪』(05/行定勲監督)、『なくもんか』(09/水田伸生監督)、『僕と妻の1778の物語』(11/星護監督)、『ステキな金縛り』(11/三谷幸喜監督)、『ストロベリーナイト』(13/佐藤佑市監督)、『インサイド・ヘッド』(15/ピート・ドクター監督/声の出演)など。『サイドカーに犬』(07/根岸吉太郎監督)で第81回キネマ旬報ベスト・テン最優秀主演女優賞など各賞受賞、『ふしぎな岬の物語』(14/成島出監督)で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞など受賞多数。中村義洋監督作品は、『チーム・バチスタの栄光』(08)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『ポテチ』(12)に主演。最新作は『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)、『クリーピー』(16/黒沢清監督)など。

1996年生まれ、熊本出身。09年「Give and Go –ギブ アンド ゴー- 」(森英人監督)で映画初出演。主な主演作に『告白』(10/中島哲也監督)、『貞子3D』(12/英勉監督)、『アナザー ANOTHER』(12/古澤健監督)、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)、『渇き』(14/=中島哲也監督)、「ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜」(13/NHK BSプレミアム)、『リトル・フォレスト』(夏・秋/14および冬・春/15いずれも森淳一監督)、『寄生獣』『寄生獣 完結編』(14・15/山崎 貴監督)がある。『ツナグ』(12/平川雄一朗監督)、『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)ほかで、第36回日本アカデミー賞優秀新人俳優賞など各賞受賞。

1968年生まれ、京都府出身。大学在学中から劇団「惑星ピスタチオ」で看板俳優として活躍。00年、NHK連続テレビ小説「オードリ」で注目される。以降、ドラマ、映画、舞台と幅広く活動。05年には自らプロデューサーを務める劇団ユニット「Team申」を立ち上げる。主な映画出演作に『間宮兄弟』(06/森田芳光監督)、『アフタースクール』(08/内田けんじ監督)。「ハンチョウ〜安積班〜」(09〜13/TBS)、『大奥〈男女逆転〉』(10/金子文紀監督)、『岳-ガク-』(11/片山修監督)、『ソロモンの偽証 前編・後編』(12/成島出監督)、『夫婦フーフー日記』(15/前田弘二監督)など。『超高速!参勤交代』(14/本木克英監督)で第38回日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞。スーパー歌舞伎Ⅱ「空ヲ刻ム者-若き仏師の物語-」(14)で初めて歌舞伎に挑むなど、さまざまな場で活躍している。最新作は『破門(仮)』(17/小林聖太郎監督)。

1991年生まれ、東京出身。第25回メンズノンノモデルオーディションに合格し、同士専属モデルとして活躍。人気女性誌にも登場し、男女問わず人気を集めている。主な主演作は『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』(14/永田琴監督)、『甥(おとこ)の一生』(15/廣木隆一監督)、『予告犯』(15/中村義洋監督)、『海街diaruy』(15/是枝裕和監督)、『at Home アットホーム』(15/蝶野博監督)、『ヒロイン失格』(15/英勉監督)、『俺物語!!』(15/河合勇人監督)、24時間テレビドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」(15/NTV)、「コウノトリ」(15/TBS)など、NHK 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)に出演するなど注目の若手俳優。

1976年生まれ、愛知県出身。98年〜07年まで無名塾に所属。以降、ドラマ、映画、CMと幅広く活動。大ヒットドラマ「半沢直樹」(13/TBS)の近藤直粥役で注目され、同作で第68回日本放送映画藝術大賞最優秀助演男優賞受賞。主な主演作に『クライマーズ・ハイ』(08/原田眞人監督)、『ハゲタカ』(09/大友啓史監督)、NHK大河ドラマ「竜馬伝」(10)NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(12)、『外事警察 その男に騙されるな』(12/堀切園健太郎監督)、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14/大友啓史監督)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15/チェリン・グラック監督)、『はなちゃんのみそ汁』(15/阿久根知昭監督)など。中村義洋監督作品は『ゴールデンスランバー』(10)、『予告犯』(15)に出演。最新作に『64 –ロクヨン- 前編・後編』(16/瀬々敬久監督)、『テラフォーマーズ』(16/三池崇史監督)などがある。

映画監督、脚本家。1970年生まれ、茨城県出身。成城大学卒業。大学在学中に撮った短編「五月雨厨房」が、ぴあフィルムフェスティバル93にて準グランプリ受賞。卒業後は崔洋一、伊丹十三らの助監督として撮影現場に参加。99年、自主制作映画『ローカルニュース』でデビュー。『仄暗い水の底から』(01)、『刑務所の中』(02)、『クイール』(04)等の脚本を手掛け、監督作として07年、『アヒルと鴨のコインロッカー』を発表、有望な若手監督に贈られる「新藤兼人賞」で金賞を受賞。このほか、主な監督作に『チーム・バチスタの栄光』『ジャージの二人』(共に08)、『フィッシュストーリー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(共に09)、『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』(共に10)、『映画 怪物くん』(11)、『ポテチ』(12)、『みなさん、さようなら』『奇跡のリンゴ』(共に13)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『予告犯』(15)などがある。16年には初の本格時代劇『殿、利息でござる!』が公開予定。精力的に意欲作を発表するヒットメーカーであり、今、最も注目されるクリエイターの一人である。

大分県中津生まれ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。1988年、ライトノベルで作家デビュー、「悪霊」シリーズで人気を得る。第5回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼んだ『東京異聞』は94年に刊行された。98年には『屍鬼』を刊行。累計発行部集は140万部を超え、コミック化およびアニメ化される。続く『黒祠の島』(01)の発表で、ホラー、ミステリーともに高い評価を得る。2013年に『残穢』で第26回山本周五郎賞受賞。92年に刊行をすたーとした『魔性の子』『月の影 影の海』をはじめとする「十二国記」シリーズは累計発行部数1,000万部を突破、NHKでアニメ化もされ、多くのファンを魅了するファンタジー超大作として不動の人気を得ている。このほかの著作に、「悪霊」シリーズをリライトした「ゴーストハント」シリーズ(10〜11)、『営繕かるかや怪異譚』(14)などがある。

品番:BIXJ-0220
発売日:2016/07/02
価格:5,200円(税抜)
画面:16:9 [1080p Hi-Def] ビスタサイズ
字幕:日本語字幕
音声:
1.日本語 DTS-HD Master Audio 5.1ch サラウンド
2.日本語 リニアPCM 2.0ch ステレオ
3.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(オーディオコメンタリー)
公開日:2016年01月公開
製作国:日本
製作年:2015

【音声特典】
・本編オーディオコメンタリー(監督:中村義洋×脚本:鈴木謙一)

【映像特典】
・メイキング
・舞台挨拶映像「完成披露試写会」「公開初日」
・予告集

【封入特典】
・事件と人物の相関図(リーフレット)

商品詳細

品番:BIBJ-2952
発売日:2016/07/02
価格:4,200円(税抜)
画面:16:9LBビスタサイズ
字幕:日本語字幕
音声:
1.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ
3.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(オーディオコメンタリー)
公開日:2016年01月公開
製作国:日本
製作年:2015

【音声特典】
・本編オーディオコメンタリー(監督:中村義洋×脚本:鈴木謙一)

【映像特典】
・メイキング
・舞台挨拶映像「完成披露試写会」「公開初日」
・予告集

【封入特典】
・事件と人物の相関図(リーフレット)

商品詳細

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―