Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

最愛の子

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を捜すが、その消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながら、かすかな希望を胸に国内中を捜し続けて3年後、ついに両親は深圳から遠く離れた農村に暮らす息子を見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、 “最愛の母”との別れを嘆き悲しむのだった。そして、育ての親である誘拐犯の妻もまた、子を奪われた母として、我が子を捜しに深圳へと向かう――。愛する我が子を、その愛を、親は取り戻すことができるのだろうか?
実際に起こった事件を基に、映画は大切に育ててきた我が子を失った“産みの親”の底知れぬ悲しみと恐怖、苦しみを丁寧に描きつつ、誘拐犯の妻である“育ての母親”の葛藤も繊細に描写する。子どもを失う苦しみを3年ものあいだ実の親に味わわせていたことへの懺悔、一方で非常識だと罵られても溢れでる子への愛……。「愛する我が子を誰にも奪われたくない。ただ一緒にいたい」という、すべての親が抱くシンプルで普遍的な願いを彼女もまた抱いているからこそ、その偽りない愛情に誰もが心を動かされずにはいられない。善か悪かのジャッジも、“子を奪われた被害者”と“子をさらった加害者”という関係性も超えた、親が子を思う「至上の愛」、子が親を慕う「無垢な愛」の深さにただただ、圧倒されるしかない。

監督は、『君さえいれば 金枝玉葉』『ラヴソング』といったウェルメイドなラブストーリーから、『ウォーロード/男たちの誓い』などのアクション大作まで、ジャンルは様々なれど人間の感情の機微を描くことにかけて定評があるピーター・チャン。本作は、年間20万人もの子どもが行方不明になっていると言われる中国で、実際に起こった事件が基になっている。2008年3月に誘拐された男の子が、3年後の2011年2月に両親のもとに帰ってきたという事件を取り上げたドキュメンタリーを見たピーター・チャンは「すぐにこの映画を撮らなければ」と早急に製作にとりかかったという。児童誘拐の背後に横たわる「拡大する経済格差」や「一人っ子政策」など現代中国が抱える問題を果敢にあぶりだした本作は、中国国内で公開されるや大ヒットを記録、社会に反響を巻き起こし、公開後には刑法の改正法案により誘拐された子どもや女性を買うことは重罪とみなすと規定された。

主演は、チャン・ツィイーらと並ぶ「中国四大女優」の一人と評されアジアで高い人気を誇るヴィッキー・チャオ。全編ノーメイクで誘拐犯の妻ホンチンを熱演し香港のアカデミー賞と呼ばれる金像奨で最優秀主演女優賞を初受賞したほか数々の主演女優賞に輝いた。ポンポンの父親ティエンを演じるのは、現在“中国一のマネーメイキングスター”として名高いホアン・ボー。『西遊記 はじまりのはじまり』などコミカルな演技で人気を博している彼が、本作では苦悩する父親を演じ新境地を拓いている。『レッド・クリフ Ⅰ&Ⅱ』のトン・ダーウェイ、『天安門、恋人たち』のハオ・レイ、本作で金鶏奨最優秀助演男優賞を受賞したチャン・イーら、いずれも実力と人気を兼ね揃えた俳優たちのリアリティ溢れる演技が、物語に真実味を与えている。

2009年7月18日。中国・深圳。 下町で寂れたネットカフェを経営しているティエンは3歳の息子ポンポンと二人暮らし。ポンポンは週に一度離婚した元妻のジュアンと過ごしていた。ある日、近所の子どもたちと遊びに出かけたポンポンは、母親の車が通りすぎたことに気づきあとを追いかける。だが、母親の車を見失ったポンポンを、何者かが連れ去ってしまう。

夜になっても帰ってこないポンポンの捜索願をだすべくティエンは警察に電話するが、警察は「失踪後24時間は事件として扱えない」という。自力で捜そうと、駅に向かうがポンポンは見つからなかった。その後訪れた警察署で見た防犯カメラの映像には、男がポンポンを抱いて連れ去る姿が映っていた。署を出る際、ジュアンは「息子を返して!」と泣き叫ぶ。

その日から、ティエンとジュアンの息子捜しが始まった。インターネットで情報提供を呼びかけ、携帯電話番号を公表するが、かかってくるのは、報奨金目当ての詐欺かいたずらの電話ばかり。脅して金をせびろうとする者まで現れる。
罪の意識と後悔に苛まれながら、ポンポンを捜し続けるティエンとジュアン。ポンポンの失踪から3年が経った2012年の夏のある日、ティエンの携帯に着信が入る。ポンポンと見られる男の子が安徽省にいるという。安徽省の農村を訪れたティエンとジュアンはついに息子を見つけ出すが、6歳になったポンポンは両親であるティエンとジュアンをまったく覚えていなかった。

ポンポンが「母ちゃん」と慕うのは、ホンチンという“育ての親”だった。ホンチンは「私が子どもが産めないから、夫がよその女に産ませて3年前に連れてきた」と主張するが、一年前に死んだ彼女の夫が3歳のポンポンを誘拐し安徽省に連れてきたのだった。初めて知らされる事実に困惑するホンチン。

それから半年後。ティエンとジュアンは、いまだに「家に帰りたい」と言うポンポンの愛情を何とかして取り戻そうと、日々心を砕いていた。そしてホンチンもまた、我が子を奪われた母として、深圳へと向かう。それぞれの親たちの思いは、届くのだろうか――。

1976年3月12日、安徽省生まれ。名門、北京電影学院を卒業後、主演したテレビドラマ『還珠姫~プリンセスのつくりかた~』(98)が大ヒット、役柄にちなんだ“小燕子”の愛称で親しまれ一躍国民的スターに躍り出る。チャウ・シンチー監督・主演の『少林サッカー』(01)で爆発的人気を得た後、『クローサー』(02/コーリー・ユエン監督)、『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』(03/フー・ピン監督)、『レッド・クリフⅠ&Ⅱ』(08-09/ジョン・ウー監督)など大作に次々と出演。『デスパレート 愛されてた記憶』(03/アン・ホイ監督)で第10回金鳳凰奨最優秀女優賞を受賞するなど女優としての評価も着実に高め、チャン・ツィイー、ジョウ・シュン、シュー・ジンレイと並ぶ中国四大女優の一人と呼ばれている。2013年には、90年代の中国を舞台にした青春映画『So Young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』で映画監督デビューをはたし、13年の国内興行成績第2位となる1億1600万ドル(約120億円)を記録する大ヒット。2013年中国金鶏奨、上海映画祭批評家大賞などで最優秀新人監督賞を受賞し、高い評価を受けた。本作『最愛の子』では故郷である安徽省の方言を使い、全編ノーメイクでホンチン役に挑み、香港アカデミー賞と呼ばれる金像奨で最優秀主演女優賞を初受賞した。

1974年8月26日、山東省生まれ。北京電影学院声優科を卒業後、声優としての活躍を経て俳優に。コミカルな演技で人気を博し、2006年のニン・ハオ監督、アンディ・ラウ・プロデュースによるブラック・コメディ『クレイジー・ストーン~翡翠狂騒曲~』でブレイク。ブラック・コメディ「COW」(09/クワン・フー監督)で、第46回金馬奨最優秀主演男優賞を受賞した。中国歴代興行収入の記録を塗り替える2億ドル以上の大ヒットとなった主演作「ロスト・イン・タイランド」(12/シュー・ジェン監督)や、孫悟空を演じた『西遊記 はじまりのはじまり』(13/チャウ・シンチー監督)、武田鉄矢が演じた役に挑んだ『101回目のプロポーズ~SAY YES』(12/レスト・チェン監督)など、出演作はいずれも大ヒット、2013年には「最も集客力のある俳優」に選ばれたマネーメイキングスター。

1979年2月3日、遼寧省撫順市生まれ。2001年に上海戯劇学院を卒業後、チャン・ユアン監督の『ウォ・アイ・ニー』(03)で主演に抜擢され注目を集め、その後も、性愛描写が議論を呼んだ『ロスト・イン・北京』(07/リー・ユー監督)、超大作『レッド・クリフ Ⅰ&Ⅱ』(08-09/ジョン・ウー監督)、スターが総出演した歴史映画『建国大業』(09/ハン・サンピン監督)など、ヒット作・話題作に立て続けに出演。そのほかの出演作に、「金陵十三釵」(11/チャン・イーモウ監督)、「太平輪」(14/ジョン・ウー監督)などがある。

1978年11月1日、吉林省生まれ。98年、19歳の頃にテレビドラマシリーズ「Don’t Cry Seventeen」で名声を高め、天安門事件を描いた問題作『天安門、恋人たち』(06/ロウ・イエ監督)に出演し、国際的に評価を得た。2010年には『4枚目の似顔絵』(チョン・モンホン監督)で第47回金馬奨最優秀助演女優賞を受賞。「二重生活」(12/ロウ・イエ監督)では、第49回金馬奨と第9回アジア映画祭で最優秀女優賞にノミネートされた。

1978年2月17日、黒竜江省生まれ。過去12年で30本以上のテレビドラマに出演。映画では「黄金時代」(14)、ジャ・ジャンクー監督最新作『山河故人(原題)』(15)などに出演。本作『最愛の子』で、中国のアカデミー賞と呼ばれる第30回金鶏奨において最優秀助演男優賞を受賞した。

1987年8月8日、山東省徳州生まれ。2008年、チャウ・シンチー監督に見いだされ『ミラクル7号』のヒロインとしてデビュー。日本映画『少林少女』(08/本広克行監督)や、『ソード・ロワイヤル』(11/ウー・アールシャン監督)などに出演。

1962年11月28日、香港生まれ。父は映画監督・プロデューサーの陳銅民。12歳でタイ・バンコクに移住し、その後アメリカ・カリフォルニア州へ。ロサンゼルスの大学の映画学科に学び、21歳で香港に戻った後、ゴールデン・ハーベストに入り助監督を務め、91年『愛という名のもとに』で監督デビュー。この作品は香港のアカデミー賞と呼ばれる香港電影金像奨において主演のエリック・ツァンに最優秀主演男優賞をもたらし、香港監督協会が選ぶ最優秀作品賞に選ばれるなど高い評価を受けた。92年に、エリック・ツァン、クラウディ・チョンと映画製作会社UFOを設立、90年代の香港映画界に新風を巻き起こす。UFOでは良質で洗練された都会派のコメディを次々と手がけ、93年、リー・チーガイ監督と共同監督した『月夜の願い』、『君さえいれば 金枝玉葉』(94)、『ボクらはいつも恋してる! 金枝玉葉2』(95)と立て続けにヒット作を送り出す。返還目前の香港を舞台にふたりの男女の十年愛を描いた『ラヴソング』(96)では香港電影金像奨で最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか9冠に輝き、TIME誌が選ぶ1997年のベスト10にも選出された。99年には、米・ドリームワークスに招かれ『ラブレター/誰かが私に恋してる?』を監督、ハリウッド進出をはたす。そのほかの監督作に、ミュージカル仕立てのラブ・ストーリー『ウィンター・ソング』(05)、アクション大作『ウォーロード/男たちの誓い』(07)、武侠映画『捜査官X』(11)などがある。
またUFO設立以降、プロデューサーとしても活躍し、2000年に映画製作会社ApplausePicturesを設立し、韓国のホ・ジノ監督作『春の日は過ぎゆく』(01)、タイのノンスィー・ニミブット監督『ジャンダラ』(01)、香港のオキサイド・パン&ダニー・パン監督『the EYE』(02)などクロスアジアの映画を次々にプロデュース。自身も監督として参加したオムニバス・ホラー『THREE/臨死』(02)は、『美しい夜、残酷な朝』として続編も製作され日本から三池崇史が参加した。2009年には中国で映画製作会社We Picturesを設立し、『孫文の義士団』(09/テディ・チャン監督)、『フライング・ギロチン』(12/アンドリュー・ラウ監督)などを手がけた。
2014年には香港の映画監督としては初めて中華文化の発展に貢献した人物に贈られる名誉賞「中華文化人物」を授与されたほか、同年の第19回釜山国際映画祭にて、アジアを代表する監督・俳優に贈られるアジアスターアワード特別賞を受賞した。「中國合夥人」(13)で金鶏奨、『ラヴソング』『ウォーロード』で金像奨、『ウォーロード』で金馬奨と、それぞれ中国・香港・台湾のアカデミー賞と呼ばれる3つの映画賞において最優秀監督賞を受賞した唯一の映画監督である。

品番:BIBF-2967
発売日:2016/08/02
価格:3,900円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
字幕:日本語字幕
音声:中国語ドルビーデジタル5.1chサラウンド
公開日:2016年01月公開
製作国:中国/香港
製作年:2014

【映像特典】
○ピーター・チャン監督インタビュー
○劇場予告編

商品詳細

最愛の子