Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

ボーダーライン

この世には社会のモラルや法律がまったく通用しない“闇”の領域が存在する。麻薬ビジネスがとてつもなく巨大化し、テロ、殺人、誘拐、汚職、不法移民といった問題が年々深刻になっているアメリカとメキシコの国境地帯もそのひとつだ。通常のニュース報道ではうかがい知ることのできない麻薬戦争の最前線に迫り、善と悪の境界すらも曖昧な世界のショッキングな現実を、一切の妥協を許さず描ききったクライム・アクション、それが『ボーダーライン』である。
物語はFBIで誘拐事件を担当する捜査官ケイト・メイサーが、秘密裏に編成された特殊チームにスカウトされるところから始まる。チームに課せられたミッションは、アメリカ社会を蝕むメキシコの麻薬組織ソノラ・カルテルの壊滅。持ち前の正義感に駆られてチームに志願するケイトだったが、リーダーの特別捜査官グレイヴァー、謎めいたコロンビア人のコンサルタント、アレハンドロは、なぜか作戦の詳細を教えようとしない。何もわからぬままメキシコのフアレスへ同行したケイトは、人命が虫けらのように軽んじられる暴力が日常化した街のおぞましい実態と、作戦中に手荒な超法規的手段を駆使するチームの方針に戦慄を覚える。やがて法によって悪を裁く理想を打ち砕かれたケイトは、麻薬戦争の得体の知れない闇の奥深くに身を投じ、さらなる想像を絶する真実を目の当たりにするのだった……。

観客はミッションの具体的な内容を知らされぬまま無法地帯に足を踏み入れていく主人公ケイトの眼差しを通して、幾多の矛盾をはらんだ麻薬捜査の現実を目撃し、正義感に燃えるFBI捜査官の驚きや挫折を生々しく体感することになる。世界中で最も危険な街ともいわれるフアレスから国境を越え、アメリカを浸食する麻薬ビジネスの脅威に対抗しうる有効な手段とは何なのか。その目的を達成するためなら、法を逸脱することも許されるのか。死と背中合わせの危うい“ボーダーライン”に観る者を誘う本作は、白や黒に色分けできないさまざまな問題を投げかけながら、ありがちな勧善懲悪ドラマとはかけ離れた常識破りのクライマックスに突き進んでいく。
数多くのTVシリーズで活躍してきた俳優テイラー・シェリダンが、麻薬戦争の被害者であるメキシコからの移民などへの取材を基に執筆したオリジナル脚本を映画化したのは、『灼熱の魂』『複製された男』『プリズナーズ』といった独創性あふれる話題作を連打するドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実現困難とされていたSF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編のメガホンを託されるなど、今まさに脂がのりきっているカナダ出身のフィルムメーカーが、映画ならではの極限のダイナミズム、重厚なサスペンス、胸に迫るエモーションを追求。研ぎすまされた演出力に支えられた映像世界は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門での上映や全米公開時に大反響を呼び、映画賞レースや有力メディアが選定するベストテンをにぎわせた。

この圧倒的なスリルに満ちた物語を牽引するのは、主演級のトップスター3人が見せる迫真の演技である。主人公ケイトに扮するのは、『プラダを着た悪魔』『イントゥ・ザ・ウッズ』などでゴールデン・グローブ賞に4度ノミネートされたエミリー・ブラント。トム・クルーズ共演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で本格的なアクションを披露したことも記憶に新しい実力派女優が、心が折れるような試練に直面するFBI捜査官の揺らめきをリアルに体現した。コロンビア人であること以外のプロフィールが謎のベールに覆われたアレハンドロをただならぬ凄みを漂わせて演じるのは、麻薬戦争を別の切り口で描いた『トラフィック』でアカデミー助演男優賞に輝いたベニチオ・デル・トロ。クライマックスで“真の目的”が明らかになるアレハンドロの複雑なキャラクターは、『ミルク』『エベレスト3D』のジョシュ・ブローリン扮するタフなチームリーダー、グレイヴァーの言動とともに目が離せない。
国境地帯の荒涼とした風景や不穏な空模様をカメラに収め、臨場感みなぎるヴィジュアルを構築した撮影監督は、『ノーカントリー』『007 スカイフォール』など過去12作品でアカデミー賞®候補になったロジャー・ディーキンス。さらに『それでも夜は明ける』のジョー・ウォーカー(編集)、『プリズナーズ』『博士と彼女のセオリー』のヨハン・ヨハンソン(音楽)といった才気あふれるスタッフが結集し、このうえなく刺激的な映画体験をもたらす快作を完成させた。

FBIの誘拐即応班を指揮する捜査官ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、アリゾナ州の荒野にたたずむ一軒家で信じがたい光景を目の当たりにした。誘拐事件の人質を救出するために強行突入したその家は、メキシコの麻薬組織ソノラ・カルテルの最高幹部マヌエル・ディアスの所有物で、壁の中に数十体もの腐乱死体が隠されていたのだ。しかも離れの物置を捜索中に凄まじい爆発が起こって警官ふたりが死亡し、ケイトも頭部にケガを負ってしまう。
その日のうちにFBIの会議室に呼び出されたケイトは、上司のジェニングス(ヴィクター・ガーバー)から思いがけないことを告げられる。アメリカ社会を蝕むソノラ・カルテルの壊滅とディアスの追跡を専任とする特殊チームが編成され、現場経験が豊富なケイトがその一員にスカウトされたという。その場でチームの作戦リーダーを務める特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)と対面したケイトは、突然の出向要請に困惑しながらも、巨悪を討つ使命感に駆られて「志願します」と返答した。
後日、アリゾナ州内の空軍基地に赴いたケイトは、グレイヴァーに迎えられて小型ジェット機に乗り込む。機内にはアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)という見知らぬ寡黙な男が同乗していた。行き先はメキシコのフアレス。この日、どのような作戦を行うのか事前に何も知らされていないケイトは説明を求めるが、なぜかグレイヴァーは具体的なことを明かさない。アレハンドロは麻薬カルテルの内実に精通したコロンビア人の元検察官で、コンサルタントとして作戦に携わっているのだという。
ケイトを含む特殊チームの一行は数台の車に分乗し、物々しく武装したメキシコ警察に先導されながらフアレス市内へと向かう。そこでケイトの目に飛び込んできたのは、麻薬カルテルが見せしめのため高架下に吊したいくつもの惨たらしい死体。それはまさにカルテルの暴力に支配された街のおぞましい実態だった。やがてチームがある施設でディアスの兄ギエルモの身柄を引き取ったのち、ケイトはさらなる衝撃に見舞われる。アメリカ国境の手前で渋滞に巻き込まれた際、カルテルの襲撃を事前に察知したチームが猛烈な銃撃を浴びせ、敵を皆殺しにしたのだ。民間人を巻き添えにしかねない無法なやり方に反発したケイトは、グレイヴァーに猛然と食ってかかるが、「これが現実だ。見るものすべてから学べ。君は学ぶためにここにいる」と一蹴されてしまう。
アリゾナ州に戻って相棒のレジー(ダニエル・カルーヤ)と合流したケイトは、グレイヴァーとアレハンドロから次のような重要な説明を受ける。チームの当面の狙いは、カルテルが混乱に陥る事態を発生させ、アメリカのどこかに潜伏しているディアスをメキシコに呼び戻させること。それがうまくいけばカルテルの頂点に君臨する麻薬王ファウスト・アラルコンの居場所を突き止めることができるという。すでにギエルモを拷問で締め上げたアレハンドロは、カルテルがアメリカとメキシコの往来に使用している秘密のトンネルの存在を聞き出していた。
グレイヴァーは前日の宣言通り“混乱”を引き起こすため、金融機関に現れたカルテルの資金洗浄屋を拘束し、ディアスの口座を凍結させた。ケイトはあくまで合法的にディアスを逮捕するよう主張するが、グレイヴァーはおろか、上司のジェニングスさえもそれを聞き入れてくれない。苛立ちを募らせたケイトはレジーを伴ってバーに繰り出し、そこで意気投合したテッド(ジョン・バーンサル)という警官を自宅のアパートに招き入れる。しかし行きずりの情事は、たちまち悪夢に変貌した。テッドは捜査情報を探るために、ケイトに接近したカルテルの内通者だったのだ。カルテルの動きを先読みしていたアレハンドロに危ういところを救われたケイトは、もはや何も信じることができない無力感に打ちのめされる。
翌日、グレイヴァーの思惑が当たってカルテルがディアスをメキシコに呼び戻し、いよいよチームのミッションは最大の正念場を迎えた。出発直前、ケイトはグレイヴァーからある驚愕の事実を告げられ、自分が都合よく利用されていたことにショックを受けるが、捜査の行方を最後まで見届けたい一心で作戦に同行する。しかし、ケイトはまだ何も知らなかった。これからカルテルの秘密トンネルに身を投じる彼女は、いかなる非情な現実を思い知らされるはめになるのか。そして不気味なまでに謎めいたアレハンドロが、この作戦に参加した真の目的とは何なのか……。

2002年チチェスター・フェスティバルで「ロミオとジュリエット」の舞台に出演してキャリアをスタートさせ、ジュディ・デンチと共演した「The Royal Family」の舞台でロンドンデビューを果たした。BBCのテレビ映画「ナターシャの歌に」でゴールデン・グローブ賞®を獲得。
『プラダを着た悪魔』(06)で国際的な注目を浴びるようになる。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(09)ではヴィクトリア女王を演じ、英国アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞®にノミネートされた。主な出演作に『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(07)、マット・デイモン共演『アジャストメント』(11)、ユアン・マクレガー共演『砂漠でサーモン・フィッシング』(11)、ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ共演『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)がある。ロブ・マーシャル監督によるミュージカルの映画化『イントゥ・ザ・ウッズ』(14)では再びゴールデン・グローブ賞®にノミネートされた。待機作にクリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、ジェシカ・チャステイン共演の『The Huntsman』、ポーラ・ホーキンズによる同名のベストセラー小説を映画化した『The Girl on the Train』がある。

プエルトリコ生まれ、ペンシルバニア州育ち。カリフォルニア大学サンディエゴ校在学中に多数の学生舞台に出演して注目を浴びる。ジョン・グレン監督、ティモシー・ダルトン共演の『007 消されたライセンス』(1989)で長編デビュー。スティーヴン・ソダーバーグ監督の『トラフィック』(01)ではアカデミー賞®助演男優賞を獲得、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の 『21グラム』(03)でもアカデミー賞®にノミネートされている。ブライアン・シンガー監督の『ユージュアル・サスペクツ』(1996)、ジュリアン・シュナーベル監督の『バスキア』(1996)でインディペンデント・スピリット賞を受賞、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『インヒアレント・ヴァイス』(15)で同賞のアンサンブル賞を受賞している。チェ・ゲバラの伝記映画『チェ 28歳の革命』、『チェ 39歳 別れの手紙』(09)でソダーバーグと再びタッグを組み、2008年カンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得、翌年スペインのゴヤ賞で最優秀男優賞を受賞している。その他の出演作に、SFアクション映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(15)、ジョー・ジョンストン監督の『ウルフマン』(10)、テリー・ギリアム監督の『ラスベガスをやっつけろ』(1998)などがある。
待機作にフェルナンド・レオン・デ・アラノア監督、オルガ・キュリレンコ、ティム・ロビンス共演の『A Perfect Day』がある。

スティーヴン・スピルバーグ製作のアクションコメディの名作『グーニーズ』で長編デビュー。ガス・ヴァン・サント監督『ミルク』ではダン・ホワイト役を演じ、アカデミー賞®ノミネート、全米映画俳優組合賞ノミネート、ニューヨーク批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞を獲得。作品賞含めアカデミー賞®10部門にノミネートされたコーエン兄弟の『トゥルー・グリット』にも出演している。また、同コーエン兄弟が手掛けた『ノーカントリー』にも出演しており、同作品は作品賞、監督賞含めアカデミー賞®4部門でノミネートを獲得、ブローリンは全米映画俳優組合賞アンサンブル賞を受賞している。ポール・トーマス・アンダーソン監督『インヒアレント・ヴァイス』での演技が多くの高評を得、放送映画批評家協会賞にノミネートされた。

映画、テレビ、舞台で多くの名作に出演している。近年の出演作にベン・アフレック監督『アルゴ』、ガス・ヴァン・サント監督『ミルク』がある。その他の出演作は『ファースト・ワイフ・クラブ』、『めぐり逢えたら』、『キューティ・ブロンド』、『タイタニック』など。待機作はライアン・レイノルズ共演の『Self-Less』。テレビでも6度にわたってエミー賞®ノミネートを獲得しており、主な出演作に「エイリアス」、「弁護士イーライのふしぎな日常」となどがある。
舞台では「Damn Yankees」、「Lend Me a Tenor」、「Deathtrap」、「Little Me」でトニー賞®ノミネーションを獲得している。

長編大作デビューはオリヴァー・ストーン監督の『ワールド・トレード・センター』。最近ではデヴィッド・エアー監督の『フューリー』(15)でブラッド・ピットと共演。主な出演作に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(14)『ゴーストライター』(11)などがある。
テレビではAMC放送の大ヒットシリーズ「ウォーキング・デッド」で、シェーン・ウォルシュ役で注目を浴びた。またスティーヴン・スピルバーグによる米HBO放送のミニシリーズ「ザ・パシフィック」にも出演、ブートキャンプや海兵隊の戦闘訓練に参加するなどのトレーニングを積み、役作りに挑んだ。その他のTV出演作には「CSI:マイアミ」、「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」などがある。

自身で脚本も一部手掛けたという英国アカデミー賞受賞作の青春ドラマ「Skins」で注目を浴びた。ロンドンのロイヤル・コート・シアターで上演された「Sucker Punch」でボクサーを演じ2010年にCritics’ Circle Theatre Award新人賞を受賞するなど舞台でも多くの高評を得る。2011年には英国アカデミー賞による注目新人リストへのリスト入りを果たしている。出演作に『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』などがある。最近の舞台出演作にキウェテル・イジョフォー共演の「A Seasons in the Congo」がある。テレビシリーズではChannel4によるダニー・ボイル監督の警察風刺劇「Babylon」に出演している。

舞台出身で、TVシリーズ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」にマイケル・ウェスティン役で7シーズンにわたり主演している。2014年10月に放送開始したTVシリーズ「FARGO/ファーゴ」にも出演している。主な出演作にクリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演の『J・エドガー』(11)、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の『チェンジリング』(08)、『最後の恋のはじめ方』(05)がある。待機作にロブ・ライナー監督、ウディ・ハレルソン共演の新作『LBJ』があり、ケネディ大統領役に扮している。

カナダ人の映画監督。Canadian Screen Awardsで監督賞を4度にわたり受賞している。長編映画の『灼熱の魂』(10)は、第83回アカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされ、ニューヨーク・タイムズ紙では2011年映画ベスト10にランキングされた。その他の監督作品には、『複製された男』(13)、『プリズナーズ』(13)、『Polytechnique』(09/未)、『Next Floor』(08)、『渦』(00)、『August 32nd on Earth』(98/未)がある。 最新作は、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー主演の『Story of Your Life』(16)と、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング主演でSF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編の企画に取り組んでいるところである。

品番:BIXF-0223
発売日:2016/10/04
価格:6,480円(税抜)
画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:1.英語ドルビーTrueHDドルビーアトモス 2.日本語ドルビーTrueHD5.1chサラウンド(吹替)
公開日:2016年04月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【封入特典】
・ロテリア風カード5枚セット
・ブックレット

【映像特典】
・戦場 現実のボーダーライン
・ブラント、ブローリン、デル・トロ 登場人物について語る
・砂漠から届く旋律 「ボーダーライン」の音楽
・闇に踏み込むビジュアル・デザイン
・予告集(オリジナル予告、日本版本予告1、日本版本予告2)

商品詳細

品番:BIXF-0224
発売日:2016/10/04
価格:5,000円(税抜)
画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:1.英語ドルビーTrueHDドルビーアトモス 2.日本語ドルビーTrueHD5.1chサラウンド(吹替)
公開日:2016年04月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【初回生産限定特典】
・特製アウタースリーブ

【封入特典】
・ブックレット

【映像特典】
・戦場 現実のボーダーライン
・ブラント、ブローリン、デル・トロ 登場人物について語る
・砂漠から届く旋律 「ボーダーライン」の音楽
・闇に踏み込むビジュアル・デザイン
・予告集(オリジナル予告、日本版本予告1、日本版本予告2)

商品詳細

品番:BIBF-3033
発売日:2016/10/04
価格:4,000円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:1.英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2.日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド(吹替)
公開日:2016年04月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【初回生産限定特典】
・特製アウタースリーブ

【封入特典】
・ブックレット

【映像特典】
・戦場 現実のボーダーライン
・ブラント、ブローリン、デル・トロ 登場人物について語る
・砂漠から届く旋律 「ボーダーライン」の音楽
・闇に踏み込むビジュアル・デザイン
・予告集(オリジナル予告、日本版本予告1、日本版本予告2)

商品詳細

ボーダーライン