Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

追憶の森

『評決のとき』から20年にわたりハリウッドの第一線を走り、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞®主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒー。『ラスト サムライ』でアカデミー賞®候補になって以来、日本を代表する国際派スターとして活躍する渡辺謙。演技力と存在感で映画界に確固たる地位を築いた2人が初めてタッグを組み、驚きと感動に満ちた異色のミステリーを誕生させた。
舞台は富士山の北西に広がる青木ヶ原の樹海。そこを人生の終着点にしようと決めて日本にやって来たアメリカ人アーサー(マシュー・マコノヒー)は、原生林が鬱蒼と生い茂る森の中で、出口を求めてさまよう日本人タクミ(渡辺 謙)と出会う。怪我を負い、寒さに震えているタクミをアーサーは放っておくことができず、一緒に出口を探して歩き始める。しかし、まるで森の魔力に囚われてしまったかのように道はどれも行き止まりで、方向感覚を失った2人は厳しい自然との闘いを強いられる。その過酷な状況下、運命共同体となったタクミに心を開いていくアーサー。やがて彼は、樹海への旅を決意させたある出来事を語り始める……。

磁石が狂い、携帯電話も通じない。樹海という魔の空間で、運命的な出会いを果たすアーサーとタクミ。生きる力をなくしてこの地へやって来た2人が、お互いに助け合いながら生き残るための闘いを繰り広げるドラマは、一見皮肉なサバイバル劇のように見える。しかし、物語の随所に埋め込まれたさまざまな謎が解き明かされていくにつれ、私たちはこれが見た目とは違う映画であることに気づかされる。結婚生活に問題を抱えていたアーサーを絶望の淵に追いやり、樹海へと向かわせたものは何だったのか? そこで彼が出会ったタクミとは何者なのか?なぜ彼らは出逢ったのか? 2人が出口を求めてさまよう森にはどんな秘密が隠されているのか? ドラマの中に張り巡らされた疑問の縦糸は、セリフの中に隠されたキーワードや歌、本などの横糸と絡み合い、だんだんと1枚のタペストリーが織り上げられていく。その先に待ち受けるのは、思わず息を呑むような驚きの結末。死に場所へ向かう旅を描いているように見えた物語は生きることを希求する希望の物語に変貌し、さらには永遠に分かつことができない崇高な愛の物語へと姿を変えていく。その果てに広がるのは、胸に深く沁みわたる切なさと、心の底からわきあがる温かな感動だ。パズルのピースがすべてはまったあと、振り返ってもう一度最初から見たくなる――。本作は、そんな魅力を秘めた〈感動のミステリー〉なのだ。

アーサーを演じるのはマシュー・マコノヒー。罪悪感と喪失感を抱えて樹海へ足を踏み入れたアーサーが救いの光を見出すまでの旅路を人間味たっぷりに演じきり、観る者の感涙を誘う。そんなアーサーと森の中で出会うタクミには、近年、映画のみならずNYブロードウェイの舞台にも挑戦し、トニー賞主演男優賞ノミネート、更にはサントラがグラミー賞ノミネートにも輝く渡辺 謙。弱く傷ついた人物でありながらアーサーの魂を解放へと導いていく不思議な役どころを、存在感満点に演じている。さらに、ドラマの謎解きの要ともいうべきアーサーの妻ジョーンを、『21グラム』と『インポッシブル』でオスカー候補になった演技派女優のナオミ・ワッツが演じているのも話題だ。
監督は、『グッド・ウィル・ハンティング/ 旅立ち』『ミルク』でアカデミー賞®監督賞にノミネートされた名匠ガス・ヴァン・サント。『[リミット]』で脚光を浴びたクリス・スパーリングの脚本を、今回はスピリチュアルで詩的な味わいのある映画に仕立て上げた。

富士山の北西に広がる青木ヶ原の樹海。その鬱蒼とした森の中に、恐る恐る足を踏み入れるアメリカ人男性がいた。彼の名はアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)。片道切符を手に日本へやって来た彼が樹海を訪れた目的はただひとつ――それは、自らの人生を終わらせることだった。森の開けた場所に腰を下ろし、ゆっくりと永遠の眠りにつく準備を始めるアーサー。そんな彼の目の前に、傷ついた身体をひきずりながら森の出口を求めてさまよう日本人男性(渡辺 謙)が現れる。「ここから出られない。助けてくれ」と懇願する男を放っておくことができなくなったアーサーは、寒さに震える男に自分のコートを着せかけ、出口に続く道へと誘導する。しかし、さっき通ったはずの道はなぜか行き止まりになっており、既に飲んでいた薬にふらつきながら歩いていたアーサーは崖から転落して怪我を負ってしまう。それは、アーサー自身の人生を象徴するかのような出来事だった。
アーサーは結婚生活に問題を抱えていた。原因は3年前の彼の浮気。それ以来、妻のジョーン(ナオミ・ワッツ)は酒に逃避するようになり、事あるごとにアーサーを責めた。さらに、大学の非常勤講師に転職して収入が激減したアーサーと、不動産仲介の仕事で高収入を得ているジョーンの間に生じた経済的な格差が、夫婦の溝をいっそう深めた。ジョーンに対する愛情が消えたわけではなかったが、自分の努力だけではどうにもならない状況にアーサーは苛立ち、苦悩する日々を送っていた。そんな中ジョーンの病気が発覚。夫婦の関係には新たな道が開けるはずだった。
アーサーが樹海で出会った日本人は、ナカムラ・タクミと名乗った。森をさまよう中で小川をみつけたタクミは、「下流に向かって進もう」とアーサーに提案する。しかし川は途中で途切れ、寒さに震えながら歩く2人の頭上には無情にも雨が降り注ぐ。雨風をよけるために2人は洞窟の中に避難するが、洞窟の中に石と鉄砲水が流れ込み、押し流されたタクミは意識を失ってしまう。ぐったりしたタクミを励まし、必死に介抱するアーサー。偶然にもテントを発見した彼は、その中に残されていたライターを使って暖を取り、ひと時の安らぎを得る。
その夜、タクミと共にたき火を囲んだアーサーは、樹海への旅を決意させた出来事を語り始めた。「絶望して来たんじゃない。悲しみでもない。罪の意識で来た。僕たちは相手への接し方を間違っていた」。タクミに心を開いたアーサーの口からは、深い悔恨の言葉がほとばしり出る。だが、その時アーサーはまだ知らなかった。コート、タクミの妻子の名前、岩に咲く花、水辺、『楽園への階段』、『ヘンゼルとグレーテル』――樹海で起きたすべての出来事が1本の奇跡の糸で結ばれることを……。

ハリウッドで最も人気の高いスターのひとりで、テキサス出身。リチャード・リンクレイター監督のカルト・クラシック『バッド・チューニング』(未・93)で俳優としてデビュー。以来、40本以上の長編映画に出演し、その興行収入は総計10億ドルにも上る。
2014年は、マコノヒーにとって大きな飛躍の年だった。『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)でロン・ウッドルーフを見事に演じアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞、ゴッサム・インディペンデント映画賞、ローマ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。またHBOのドラマシリーズ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(14~)でテレビにも進出し、ウディ・ハレルソンと共演。このシリーズは批評家からもファンからも絶賛され、放送映画批評家協会賞でドラマシリーズ最優秀男優賞、テレビ批評家協会賞で個人貢献賞を受賞、さらにエミー賞候補となった。同年後半には、クリストファー・ノーラン監督、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャスティン共演の『インターステラー』(14)に主演している。
2012年には、4本の映画で俳優として改めて注目を集めるほどの名演技を披露。スティーヴン・ソダーバーグ監督の『マジック・マイク』(12)ではダラス・ライジングに扮し、インディペンデント・スピリット賞を受賞。さらにニューヨーク批評家協会と全米批評家協会からは、『マジック・マイク』とリチャード・リンクレイター監督の『バーニー/みんなが愛した殺人者』(11)の演技により最優秀助演男優賞を授与。またリー・ダニエルズ監督の『ペーパーボーイ 真夏の引力』

(12)の演技が絶賛された上、ウィリアム・フリードキン監督の『キラー・スナイパー』(未・11)では主人公を演じ、インディペンデント・スピリット賞候補となった。
その他の出演作として、マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13) ジェフ・ニコルズ監督の『MUD マッド』(12) ブラッド・ファーマン監督の『リンカーン弁護士』(11)、ベン・スティラー監督の『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(08)、ビル・パクストン監督の『フレイルティー/妄執』(01)、ジョナサン・モストウ監督の『U-571』(00)、ロン・ハワード監督の『エドtv』(99)、リチャード・リンクレイター監督の『ニュートン・ボーイズ』(98)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『アミスタッド』(97)、ロバート・ゼメキス監督の『コンタクト』(97)、ジョエル・シューマカー監督の『評決のとき』(96)、ジョン・セイルズ監督の『真実の囁き』(未・96)などがある。
2008年、マコノヒーは〈ジャスト・キープ・リビング財団〉(www.jklivinfoundation.org)を設立した。これは、意志決定、健康、教育、積極的な生き方の大切さを教えるプログラムを通して、少年少女が大人になる手助けをするために創設された組織である。学生のドロップアウトを防止するため西ロサンゼルスに設立された、全米最大の非営利団体〈コミュニティーズ・イン・スクールズ〉(CIS)と提携して、大規模な都市型ハイスクール2校で、健康促進プログラムを実施している。

1983年デビュー。1987年NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』に主演。以降、数々のテレビドラマ、映画、舞台に出演。
アメリカ映画へのデビューはエドワード・ズウィック監督の『ラスト サムライ』(03)。本作ではトム・クルーズと共演しアカデミー賞®、全米映画俳優組合賞、放送映画批評家協会賞、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞の候補となった。以来、現代の最も注目すべき映画作家たちと仕事を続けている。第2次大戦を舞台にクリント・イーストウッドがメガホンを取り、数々の栄誉に輝いた『硫黄島からの手紙』(06)で栗林忠道中将を熱演。クリストファー・ノーラン監督の大ヒット作『バットマン ビギンズ』(05)、同監督作『インセプション』(10)にも出演。他にはロブ・マーシャル監督の『SAYURI』(05)、最近ではギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』(14)と出演作が続いている。
国内では『明日の記憶』(05)に主演、エグゼクティブ・プロデユーサーも担当。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、報知映画賞主演男優賞など数々の栄誉に輝いた。その後『沈まぬ太陽』(09)に主演、2度目の日本アカデミー最優秀主演男優賞、報知映画賞を受賞。『はやぶさ 遥かなる帰還』(12)では主演のみならず、作品全体のプロジェク トマネージャーも務めた。
またクリント・イーストウッド監督の名作『許されざる者』(92)を、李相日監督が日本を舞台に同タイトルで13年に再映画化。本アカデミー賞最優秀主演男優賞候補となった。

舞台ではミュージカルにも挑戦。NYリンカーンセンター・シアターでロジャーズ&ハマースタインの名作「The King and I(王様と私)」に主演。シャムの王に扮してケリー・オハラと 演技を競い絶賛を浴びている。演出はバートレット・シャー。本作でトニー賞ミュージカル部門主演男優賞にもノミネート。同サントラはグラミー賞にもノミネートされている。
俳優の道を歩み始めたのは、演劇集団円に入団してからで、蜷川幸雄演出による「下谷万年町物語」で主役に抜擢され批評家と観客双方から注目を集めた。他にも三谷幸喜作のコメディ「ホロヴィッツとの対話」(13)に出演(パルコ劇場他)。チケット完売の大ヒットとなった。
近年テレビドラマでは『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史』(09/テレビ朝日)、『遠まわりの雨』(10/日本テレビ)、『愛・命〜新宿歌舞伎町駆け込み寺』(11/テレビ朝日)、『負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂』(12/NHK)、『白銀ジャック』(14/テレビ朝日)、『おやじの背中』(14/TBS)に主演。
待機作に李相日監督がメガホンを取る日本映画『怒り』(秋公開)が控えている。

J・A・バヨナ監督の『インポッシブル』(12)でユアン・マクレガーと共演、アカデミー賞®主演女優賞の候補となる。妻であり母でもある女性が、津波後の混乱を乗り切ろうと悪戦苦闘する勇敢な姿を演じ、その他にもゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞、放送映画批評家協会賞の候補になり、パームスプリングス国際映画祭ではデザートパーム貢献賞を受賞した。
ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロと共演したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の『21グラム』(03)でもアカデミー賞®主演女優賞の候補となった。この作品で、全米映画俳優組合賞、英国アカデミー賞、放送映画批評家協会賞、ゴールデン・サテライト賞で候補となり、多くの映画批評家協会から主演女優賞を受賞した。2003年のヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された際には、観客賞(観客獅子賞)主演女優賞を受賞。映画自体もインディペンデント・スピリット賞で特別栄誉賞に輝いた。ビル・マーレイと共演した近作『ヴィンセントが教えてくれたこと』(14)では、全米映画俳優組合賞助演女優賞候補となり、さらに『21グラム』のイニャリトゥ監督と再び組んでマイケル・キートン、エマ・ストーンらと共演したアカデミー賞®作品賞受賞作『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)では、主要出演者と共にニューヨーク他多くの映画批評家協会からアンサンブル賞を授与されている。
最近ではべロニカ・ロスの有名なベストセラー小説を映画化した『ダイバージェント』(14)に始まる人気シリーズの第2作『ダイバージェントNEO』(15)がある。

近年の出演作には、レオナルド・ディカプリオと共演したクリント・イーストウッド監督の『J・エドガー』(11)、ショーン・ペンと共演したダグ・リーマン監督の『フェア・ゲーム』(10)、ジョッシュ・ブローリン、アンソニー・ホプキンス、アントニオ・バンデラスらオールスターキャストのひとりとして出演したウディ・アレン監督の『恋のロンドン狂想曲』(10)、インディペンデント・スピリット賞助演女優賞候補となった、ロドリゴ・ガルシア監督の『愛する人』(09)、クライヴ・オーウェンと共演したトム・ティクヴァ監督の『ザ・バンク 堕ちた巨像』(09)がある。
その他の出演作はデヴィッド・リンチ監督の問題作『マルホランド・ドライブ』(01)で一躍脚光を浴び、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、全米批評家協会を含む数多くの批評家協会から主演女優賞を受賞。その後、ピーター・ジャクソン監督による再映画化超大作『キング・コング』(05)を筆頭に、ショーン・ペン、ドン・チードル共演の『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(04)、ジュード・ロウ、ダスティン・ホフマン共演でデヴィッド・O・ラッセル監督の『ハッカビーズ』(04)、ゴア・ヴァービンスキー監督の『ザ・リング』(02)とその続編、中田秀夫監督の『ザ・リング2』(05)、ケイト・ハドソン、グレン・クローズ、ストッカード・チャニング共演でジェームズ・アイヴォリー監督の『ル・ディヴォース/パリに恋して』(03)、ヴィゴ・モーテンセン共演でデヴィッド・クローネンバーグ監督の『イースタン・プロミス』(07)、ミヒャエル・ハネケ監督のスリラー『ファニーゲームU.S.A.』(07)などがある。

1985年、長編映画『マラノーチェ』で彗星のように登場、1987年ロサンゼルス批評家協会賞最優秀インディーズ/実験映画賞を受賞して以来、『ドラッグストア・カウボーイ』(89)、『マイ・プライベート・アイダホ』(91)、『カウガール・ブルース』(93)等で批評家からも観客からも支持され続けている。
『誘う女』(95)では、ニコール・キッドマンに対する演出が評価され、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞と、カンヌ及びトロント国際映画祭でのプレミア上映という快挙を成し遂げた。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)ではアカデミー賞®監督賞候補となり、映画自体も9部門でノミネート、助演男優賞及び脚本賞の2部門を受賞した。続いてアルフレッド・ヒッチコック監督の古典的スリラーを再映画化した問題作『サイコ』(98)を監督、これはオリジナルをワンカットごとに再現した最初の試みとなった。

他には文学ドラマ『小説家を見つけたら』(00)、『GERRY ジェリー』(02)を監督。脚本はヴァン・サントと出演者マット・デイモン、ケイシー・アフレックが共同で執筆した。この経験に刺激され『エレファント』(03)を執筆・監督。2003年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと監督賞をダブル受賞した。2005年の『ラストデイズ』も、同じくカンヌで音響デザイン賞を受賞。続いてブレイク・ネルソンの小説を映画化した『パラノイドパーク』(07)では再び2007年のカンヌ国際映画祭で60周年記念大賞を受賞した。
2008年には、『ミルク』で2度目のアカデミー賞®監督賞候補となり、作品が候補に上がった計8部門のうち、ハーヴェイ・ミルクを演じたショーン・ペンが主演男優賞、ダスティン・ランス・ブルックが脚本賞を受賞。続いて『永遠の僕たち』(11)、『プロミスト・ランド』(12)が公開された。

品番:BIXF-0225
発売日:2016/10/04
価格:4,800円(税抜)
画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.英語 DTS-HD Master Audio 5.1ch サラウンド
2.日本語 DTS-HD Master Audio 2.0ch ステレオ(吹替)
公開日:2016年04月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【初回限定特典】
アウタースリーブケース

【特典映像】
■ジャパンプレミア映像
■インタビュー(マシュー・マコノヒー/渡辺 謙/ナオミ・ワッツ)
■ビハインド ザ シーン
■予告編

商品詳細

品番:BIBF-3048
発売日:2016/10/04
価格:3,900円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ (吹替)
公開日:2016年04月公開
製作国:アメリカ
製作年:2015

【初回限定特典】
アウタースリーブケース

【特典映像】
■ジャパンプレミア映像
■インタビュー(マシュー・マコノヒー/渡辺 謙/ナオミ・ワッツ)
■ビハインド ザ シーン
■予告編

商品詳細

追憶の森