Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

グッバイ、サマー

「『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』など、創造力と遊び心に満ちた独特の世界観で絶大な支持を得る映像作家ミシェル・ゴンドリーの最新作は、14歳の少年二人が夏休みに“動くログハウス”で旅をするキュートなロードムービー。
ゴンドリー自身が「この映画は100%僕の思い出からできている。僕は体験したことを元に冒険したかったんだ」と語る自伝的青春映画です。キャストにはオーディションで選ばれた新人、アンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケがみずみずしい演技と息のあったコンビをみせ、さらに、フランスを代表する女優、オドレイ・トトゥが彼らを見守る母親役として脇を固めます。子供時代のきらめきと大人への扉を開ける少年たちのもどかしくも甘酸っぱい青春の日々が色鮮やかなフランスの街並みや自然とともに描かれ、爽やかな感動を呼ぶ珠玉のロードムービーが出来上がりました!

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルはたくさんの悩みを抱えていた。中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。
そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体がガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる、息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて“夢の車”を作り、夏休みに旅に出る事だった————。


ダニエル:アンジュ・ダルジャン

フランス生まれ。本作が映画初出演となる。
ミシェル・ゴンドリーが語るアンジュ・ダルジャン
キャスティング・ディレクターの二人が素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、彼に出会えました。二人は約60人もの男の子たちと会いました。私が初めて話をしたときから、アンジュは魅力的でした。演じるキャラクターとも似ていたし、彼は60年代の映画が好きで、現代のカルチャーに関心がなかったのです。あるシーンを演じてもらったとき、大惨事が起きました。彼は小さな舞台経験がありましたが、その時の演技は、ただセリフを棒読みするだけのものでした。その時点では彼が役に選ばれないことは明白で、私が彼の小さな顔を見ると、とても落ち込んでいて、心が痛みました。けれど、ダニエル役の候補に考えていた別の子が、映画『War of the Buttons』(11)に出ていることが分かったのです。私たちはもう一度アンジュを呼び戻してスクリーンテストを行いました。このときの彼は素晴らしい出来でした。アンジュはある点ではとても成熟していましたが、非常にナイーブで、人に対しとても親切な子だと思います。


テオ:テオフィル・バケ
フランス生まれ。本格的な映画出演は本作が初めてとなる。 ミシェル・ゴンドリーが語るテオフィル・バケ
私とキャスティング・ディレクターは、彼が学校から出てくるところを見つけたのです。何と、テオフィルも『War of the Buttons』に出ていたのです。それがわかったのは後になってからですが。また、彼はモーリス・バケ(※)の孫です。「私の好きな映画は『素晴らしい風船旅行』だ」と伝えたのですが、彼はその映画を観たことがありませんでした。彼の普段のスタイルはもっとゴシック・パンクで、ガソリンが身に着けるマイケル・ジャクソン風のレザー・ジャケットやスリップ・オンにとても困っていました。アンジュとテオフィルは会った直後からとても意気投合し、すぐにフル・スロットルになりました。 ※モーリス・バケ(1911年~2005年)フランスの俳優。出演作に『素晴らしい風船旅行』(60)、『天使』(82)などがある。


ローラ:ディアーヌ・ベニエ

フランス生まれ。本作が映画初出演となる。
ミシェル・ゴンドリーが語るディアーヌ・ベニエ
彼女も、アンジュと同じくキャスティングで見つけました。彼女はとてもすてきでした。矯正をしていたのですが、私たちはそのままにすることを決めました。どちらにしろ、彼女はそれを外せなかったでしょうけどね!


マリー・テレーズ:オドレイ・トトゥ

1976年、フランスのボーモンで歯科医の父と教師の母のもとに生まれる。幼少から演技に関心を持ち、パリの演劇学校Cours Florentで学ぶ。映画初主演作の『エステサロン/ヴィーナス・ビューティー』(99)でセザール賞有望新人賞を受賞。2001年、主演を務めた『アメリ』が大ヒットとなり、10の映画賞にノミネートされ、シカゴ批評家映画協会有望俳優賞を始め3つの賞を受賞。一躍その名を知られることとなる。『ダ・ヴィンチ・コード』(06)ではハリウッド進出を果たし。トム・ハンクスと共演。セドリック・クラピッシュ監督の青春三部作では全作メインキャストを務め、また『堕天使のパスポート』(02)、『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』(06)、『ココ・アヴァン・シャネル』(09)、『テレーズの罪』(12)、『コード・インディゴ うたかたの日々』と多くの映画で主演を務める。シャネルNo.5を始め、ロレアルやモンブランなど有名ブランドの広告モデルに起用され、ファッションアイコンとしても長年にわたり愛され続けている。


監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー

1963年、フランスのヴェルサイユに生まれる。祖父に、世界初の単音シンセサイザー“クラヴィオリン”を生み出した発明家のコンスタン・マルタンを持つ。ジャズを愛する電子技術者の父のもと、音楽に浸かった少年時代を過ごし、将来は発明家か画家になることを夢見ていた。セーヴルのリセでタピストリーの上級技術者免状を取得した後、パリのインテリア専門学校エコール・オリヴィエ・ド・セールに通う。1983年、友達とロックバンドOui Ouiを結成し、ドラムを担当。自らミュージック・ビデオを監督していたところ、それがビョークの目に留まり、「Human Behavior」の監督を依頼される。以降、彼女のミュージック・ビデオを数多く制作する。その他にも、ダフト・パンク、ザ・ホワイト・ストライプス、ケミカル・ブラザーズ、レディオヘッド、ベックなど数々の大物ミュージシャンのビデオを監督し、高い評価を受ける。同時に、リーバイス、コカ・コーラ、ナイキ、GAPなど多くのTVコマーシャルも手がけ、多くの賞を受賞。2001年、『ヒューマンネイチュア』で長編映画監督デビュー。監督第2作の『エターナル・サンシャイン』(04)では脚本を務めたチャーリー・カウフマンがアカデミー賞脚本賞を受賞する。アニメーションを多用したユニークな映像が注目を集めた『恋愛睡眠のすすめ』(06)は、ニューヨークのソーホーで関連展が開催された。その後もジャック・ブラック主演のコメディ『僕らのミライへ逆回転』(08)、ヒーローアクション『グリーン・ホーネット』、ブロンクスの若者たちと共同で作り上げたインディペンデント映画『ウィ・アンド・アイ』(12)、ボリス・ヴィアンの青春小説を映画化した『ムード・インディゴ うたかたの日々』(13)と次々に新作を発表する。音楽ドキュメンタリー『ブロック・パーティ』(06)や、自身の伯母に密着した『心の棘』(10)、言語学者ノーム・チョムスキーと自身の会話をアニメーションで綴る『背の高い男は幸せ?:ノーム・チョムスキーとのアニメーション会話』(13)など、ドキュメンタリーも手がけている。また、東京を舞台にした短編を集めたオムニバス映画『TOKYO!』(08)ではその中の一つ「インテリア・デザイン」を監督。2014年には東京都現代美術館で「ミシェル・ゴンドリーの世界一周展」が開かれ、大盛況となった。夢あふれるキュートでユニークなゴンドリーワールドは、映画、アート、ミュージック・ビデオ、CMなど様々な分野を横断しながら、今も世界を魅了し続けている。

品番:BIXF-0241
発売日:2017/04/04
価格:4,800円(税抜)
画面:16:9[1080P Hi-Def]ビスタサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.フランス語 DTS-HD Master Audio 5.1chサラウンド
2.日本語 DTS-HD Master Audio 2.0chステレオ(吹替)
公開日:2016年09月公開
製作国:フランス
製作年:2015

【映像特典】
・メイキング映像
・予告編

商品詳細

品番:BIBF-3139
発売日:2017/04/04
価格:3,900円(税抜)
画面:16:9LBビスタサイズ
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕
音声:
1.フランス語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(吹替)
公開日:2016年09月公開
製作国:フランス
製作年:2015

【映像特典】
・メイキング映像
・予告編

商品詳細