Happinet Music
おすすめ
動画 - TRAILER
モニプラ

おすすめ

新宿スワンII

金髪・天パーのスカウトマン、あの白鳥龍彦が帰ってくる!和久井健の超人気コミックを映画化、2015年に公開され大ヒットを記録した『新宿スワン』。
一文無しで歌舞伎町にやってきた龍彦がスカウトマンとして成長する姿と、ライバル秀吉の謎の死までを描いた前作から一年。
待望の新章『新宿スワンⅡ』がついにそのベールを脱ぐ。
原作の中でも特に人気の高い「横浜王国編」をベースに、シマの拡大のため横浜進出を目論む新宿バーストと、その新宿さえも飲み込もうとする横浜ウィザードの全面戦争を背景に、男たちの熾烈な駆け引き、女たちの火花散る戦いが鮮やかに描かれる。

主演はもちろん、綾野剛。前作の堂々たる演技でその人気を不動のものとし、数々のドラマや映画作品で実力を示した彼は、今や邦画シーンには欠かせない存在となった。
本作では伊勢谷友介、深水元基、金子ノブアキ、村上淳、久保田悠来、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎といった前作からお馴染みの俳優陣に加え、新たに強力なキャストが加わった。
横浜を支配するウィザードのボス・滝マサキを演じるのは、世界を股にかけて活躍する浅野忠信。
借金まみれで歌舞伎町をさまよう本作のヒロイン・小沢マユミ役に広瀬アリス。明るく清純なイメージを覆す夜の女に初挑戦している。
龍彦とタッグを組むことになる悪友・森長千里役に、上地雄輔。妖艶な魅力をふりまく滝の女・アリサ役に、高橋メアリージュン。
そして原作には登場しないオリジナル・キャラクター、全日本酒販連合会・会長の住友役に、椎名桔平。物語の裏で糸を引く黒幕を演じる。
さらに要潤、中野英雄、笹野高史など実力派俳優たちが、しっかりと脇を固める。
新宿、そして横浜を舞台に、個性豊かなキャラクターたちが激しくぶつかり合い、命懸けのドラマが展開される。

スタッフも豪華だ。プロデュースに『クローズZERO』シリーズなどのヒットメイカー山本又一朗、監督には国際的にも評価の高い園子温(『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』)という前作からの強力タッグに加えて、『るろうに剣心』シリーズで知られる谷垣健治がアクション監督として新たに参戦。
龍彦が、森長が、そしてタキが、スクリーン狭しと暴れまわる縦横無尽なアクションの連続は爽快感に溢れ、本作をさらなるエンタテインメントの高みへと昇華させている。
観る者の期待に120%応えるアクション・ドラマ、『新宿スワンⅡ』が、2017年の新春を熱くするのは間違いない!

南秀吉の死から1年。歌舞伎町を仕切るスカウト会社・バーストのスカウトマン、白鳥龍彦(綾野剛)は、ある夜マユミ(広瀬アリス)と出会い、助けを求められる。
ヤミ金からの借金返済に追われるマユミに、龍彦は涼子ママ(山田優)の店・ムーランルージュを紹介する。
その頃、ハーレムとの合併によりスカウトマンの数が倍増したバーストでは、スカウトする女の取り合いが起こっており、社内の雰囲気は最悪だった。
業を煮やした社長の山城(豊原功補)はシマを拡大するため、横浜に進出することを決断。
その任務を横浜出身の関(深水元基)と、龍彦に命じる。
嫌がる龍彦だったが、突然新宿から姿を消した同僚・洋介(久保田悠来)が横浜にいるという話を聞き、歌舞伎町にしばしの別れを告げる。

山城が関と龍彦を送り込んだのは、全日本酒販連合会の会長・住友 (椎名桔平)が横浜に大規模店舗を出店するという情報をつかみ、勝算ありと踏んだからだった。
しかし横浜には、ヤクザや警察と裏で繋がる武闘派スカウト会社・ウィザードを率いる滝マサキ (浅野忠信)によって支配された、難攻不落の「タキ王国」があった。
渋谷パラサイツの悪友・森長 (上地雄輔)とともに、さっそく横浜でのスカウトをはじめた龍彦だったが、突如現れた横浜ウィザードの尖兵・ハネマン (中野裕太)、モリケン (北村昭博)、キルビル (梶原ひかり)らに襲われたうえ、タキの息のかかった刑事・砂子 (笹野高史)に逮捕されてしまう。
この機に乗じて新宿進出を企むタキは、バーストのケツモチである紋舞会会長・天野修繕 (吉田鋼太郎)に接近、ウィザードの新宿でのケツモチを願い出る。
天野から手を引かれたバースト。危機に陥った山城は、龍彦たちを破門にし、事態の収拾を計ろうとする。
釈放早々、破門とウィザード新宿侵攻の知らせを聞いた龍彦は驚くが、関は「これ以上の揉め事はない。むしろ好都合だ」とほくそ笑む。
ハネマンらはムーランルージュに忍び込み無残になまでに破壊、休店に追い込む。着々と歌舞伎町に勢力を広げていくウィザード・・・・・・。

火に油を注ぐように、全酒連の会長・住友は、ウィザードに依頼していたスカウトを龍彦たちバーストにも依頼。
集まったキャバ嬢たちを一堂に会したクイーンコンテストの開催を宣言する。
新宿vs.横浜、互いの存亡を賭けた決戦の時が迫るなか、マユミと久々に再会した龍彦は、彼女の秘めた想いと向き合う。
関とタキの12年前の因縁、暗躍する真虎 (伊勢谷友介)、秀吉の死の真相、洋介の秘密。
すべてに決着をつけるべく、龍彦は運命の全酒連クイーンコンテストへ向け、走り始める!

白鳥龍彦 (しらとり たつひこ)
本作の主人公。通称タツヒコ。一文無しで歌舞伎町に流れて来たところを真虎に拾われ、新宿バーストのスカウトマンになる。金髪・天パーがトレードマーク。バカで破天荒な性格だが、純情で情にもろい一面もある。関とともに横浜進出の任務を命じられる。

滝マサキ (たき まさき)
タキ王国と恐れられる武闘派スカウト会社・ウィザードの社長。警察やヤクザと裏取引をして勢力を拡大、クスリの取り引きにも関わるなど手段を選ばない。関とは幼馴染みだが、12年前に決別。バーストの横浜進出で因縁の再会を果たす。

綾野剛
1982年1月26日、岐阜県出身。
主な作品:『そこのみにて光輝く』 (2014)、『新宿スワン』 (2015)、『日本で一番悪い奴ら』 (2016)、『怒り』 (2016)、『武曲 MUKOKU』 (2017公開予定)、『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』 (2017年公開予定)

浅野忠信
1973年11月27日、神奈川県出身。
主な作品:『座頭市』 (2003)、『母べえ』 (2008)、『マイティ・ソー』 (2011)、『私の男』 (2014)、『岸辺の旅』 (2015)、『淵に立つ』 (2016)、『沈黙-サイレンス-』 (2017公開予定)

真虎 (まこ)
バースト幹部で腕利きのスカウトマン。龍彦を拾い、スカウトの世界に引き入れた張本人で、気にかけてもいる。瞼と上唇に傷を持ち、その過去は謎に包まれている。

洋介 (ようすけ)
元バーストのスカウトマン。龍彦とは仲が良く、半年先輩であったが同期としか見られていない。突然給料も受け取らずに、新宿から姿を消した。横浜にいるらしい。

伊勢谷友介
1976年5月29日、東京都出身。
主な作品:『ワンダフルライフ』 (1999)、『Blindness』 (2008)、『あしたのジョー』 (2011)、『新宿スワン』 (2015)、『忍びの国』 (2017公開予定)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』 (2017公開予定)

久保田悠来
1981年6月15日、神奈川県出身。
主な作品:『牙狼<GARO>~蒼哭ノ魔竜~』 (2013)、『ヨコハマ物語』 (2013)、『奴隷区 僕と23人の奴隷』 (2014)、『マジックナイト』 (2014)、『新宿スワン』 (2015)、『SCOOP!』 (2016)

関玄介 (せき げんすけ)
バーストきっての武闘派幹部。龍彦をすぐ殴るが実は可愛くも思っている。見かけに寄らず情に厚い所もある。ウィザードのタキとは幼馴染みで因縁の間柄。

アリサ (ありさ)
美貌とグラマラスなボディを持つタキの女。タキとは昔からの付き合いで、関との因縁も知っている。洋介とも関係を持っており、クスリ漬けになった洋介を何とか助けようとする。

深水元基
1976年5月29日、東京都出身。
1980年1月20日、東京都出身。
主な作品:『気球クラブ、その後』 (2006)、『るろうに剣心』 (2012)、『悪夢ちゃん Thw 夢ovie』 (2014)、『新宿スワン』 (2015)、『みんな!エスパーだよ!』 (2015)

高橋メアリージュン
1987年11月8日、滋賀県出身。
主な作品:『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』 (2014)、『リアル鬼ごっこ』 (2015)、『闇金ウシジマくん Part3』 (2016)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』 (2016)

葉山豊 (はやま ゆたか)
元ハーレムのナンバー2で現バースト幹部。死んだ秀吉とともにクスリの売人をやっていた。秀吉殺しに関わったのではとの疑いを周囲から持たれている。

ハネマン (はねまん)
横浜ウィザードのナンバー2。タキに対し心からの忠誠を誓っており、その命令には決して逆らわない。その一方で敵対する相手に対しては極めて凶暴、情け容赦がない。

金子ノブアキ
1981年6月5日、東京都出身。
主な作品:『クローズZERO』 (2009)、『モテキ』 (2011)、『Little Duck』 (2013)、『白ゆき姫殺人事件』 (2014)、『東京無国籍少女』 (2015)、『新宿スワン』 (2015)

中野裕太
1985年10月9日、福岡県出身。
主な作品:『ツレがうつになりまして』 (2011)、『遠くでずっとそばにいる』 (2013)、『新宿スワン』 (2015)、『もうしません!』 (2015)、『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』 (2017公開予定)

山城神 (やましろ じん)
新宿歌舞伎町を仕切るスカウト会社・バーストの社長。世渡りの上手さと腹黒さでのし上がってきた男。勢力を拡大するために、横浜進出の大博打に打って出る。

砂子 (すなこ)
神奈川県警の老刑事。現金と引き換えに、影でタキとウィザードが関わった事件を揉み消すなど特別な便宜を図る。長年横浜に勤務していることから、関とも浅からぬ関係がある。

豊原功補
1965年9月25日、東京都出身。
主な作品: 『突入せよ!あさま山荘事件』 (2002)、『亡国のイージス』 (2005)、『南極料理人』 (2009)、『おかえり、はやぶさ』 (2012)、『新宿スワン』 (2015)、『ストレイヤーズ・クロニクル』 (2015)

笹野高史
1948年6月22日、兵庫県出身。
主な作品:『パッチギ』 (2005)、『武士の一分』 (2006)、『おくりびと』 (2008)、『テルマエ・ロマエ』 (2012)、『クリーピー 偽りの隣人』 (2016)、『オケ老人』 (2016)

鼠賀信之助 (そが しんのすけ)
バースト所属の若手スカウトマン。バーストの横浜進出に、関や龍彦とともに駆り出されたメンバーの一人。チームタツヒコの中心的な戦力。

住友宏樹 (すみとも ひろき)
全日本酒販連合会(全酒連)の会長。資金力にものを言わせて横浜に大規模キャバクラを2軒オープンさせる計画を立ち上げる。カタギだが、狡猾な男。

桐山漣
1985年2月2日、神奈川県出身。
主な作品:『吉祥寺の朝日奈くん』 (2011)、『L♡DK』 (2014)、『呪怨-ザ・ファイナル-』 (2015)、『群青色の、とおり道』 (2015)、『曇天に笑う』 (2018公開予定)

椎名桔平
1964年7月14日、三重県出身。
主な作品:『ヌードの夜』 (1993)、『アウトレイジ』 (2010)、『暗殺教室』 (2015)、『秘密 THE TOP SECRET』 (2016)、『Darc(原題)』 (公開日未定)、『THE OUTSIDER(原題)』 (公開日未定)

時正 (ときまさ)
バーストの最古参幹部で本部長を務める。社長・山城の右腕的な存在で、信頼も厚い。ケンカが滅法強く、怒らせると凶暴になる面もある。いつもサングラスを着用している。

梶田 (かじた)
全酒連の会長・住友の側近。ウィザードを使って新規オープンのキャバクラのキャストを集めようとする。生真面目な性格で、大胆気ままな住友の発言にいつも振り回されている。

村上淳
1973年7月23日、大阪府出身。
主な作品:『新・仁義なき戦い』 (2000)、『ヘヴンズストーリー』 (2010)、『さよなら歌舞伎町』 (2015)、『新宿スワン』 (2015)、『グラスホッパー』 (2015)、『PとJK』 (2017公開予定)

要潤
1981年2月21日、香川県出身。
主な作品: 『UDON』 (2006)、『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』 (2013)、『あやしい彼女』 (2016)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 (2016)

森長千里 (もりなが ちさと)
渋谷のスカウト会社・パラサイツの幹部。龍彦とはケンカばかりしているが、心は通じ合っているらしい。龍彦のバーストの横浜進出に手を貸すことになる。

倉石 (くらいし)
全酒連会長・住友の側近。ウィザード1社に依頼したスカウトを、バーストにも依頼し競わせることを住友に提案する。思ったことをすぐに口に出してしまうところがある。

上地雄輔
1979年4月18日、神奈川県出身。
主な作品:『クローズZERO』 (2007)、『漫才ギャング』 (2011)、『のぼうの城』 (2012)、『バンクーバーの朝日』 (2014)、『超高速!参勤交代リターンズ』 (2016)、『土竜の唄 香港狂騒曲』 (2016)

神尾佑
1970年3月16日、福島県出身。
主な作品: 『DOG×POLICE 純白の絆』 (2011)、『相棒-劇場版Ⅲ-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ!』 (2014)、『進撃の巨人』 (2015)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 (2016)、『シン・ゴジラ』 (2016)

涼子 (りょうこ)
クラブ「ムーランルージュ」のママ。その美貌ときっぷの良さは新宿を仕切る紋舞会会長・天野修善を足繁く通わせるほど。龍彦を気に入っており、何かと手助けをする。

田坂晃 (たさか あきら)
神奈川県全域を牛耳る暴力団・宝来会の会長。横浜ウィザードのケツモチで、古くからの付き合いであるタキには深い信頼を寄せている。全酒連・住友とも繋がりがある。

山田優
1984年7月5日、沖縄県出身。
主な作品:『アキハバラ@DEEP』 (2006)、『劇場版 カンナさん大成功です!』 (2009)、『のだめカンタービレ 最終楽章』 (2009/2010)、『旅の贈りもの 明日へ』 (2012)、『新宿スワン』 (2015)

中野英雄
1964年12月22日、京都府出身。
主な作品:「愛という名のもとに」 (1992)、『謝罪の王様』 (2013)、『アウトレイジ ビヨンド』 (2012)、『TOKYO TRIBE』 (2014)、『にがくてあまい』 (2016)

小沢マユミ (おざわ まゆみ)
ヤミ金からの借金返済に追われ、龍彦に助けを求める。龍彦の紹介で涼子の店・ムーランルージュで働くようになるが、返済が追いつかない。

広瀬アリス
1994年12月11日、静岡県出身
主な作品:『銀の匙 Silver Spoon』 (2014)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 (2016)、『L-エル-』 (2016)、『巫女っちゃけん。』 (2017公開予定)、『氷菓』 (2017公開予定)

天野修善 (あまの しゅうぜん)
新宿一帯を縄張りとする暴力団・紋舞会の会長。山城とは古い付き合いで、バーストのケツモチ。利害関係が絡むと生来の冷徹さが顔を出す。

吉田鋼太郎
1959年1月14日、東京都出身。
主な作品:『シュアリー・サムデイ』 (2010)、『ヘルタースケルター』(2012)、『相棒-劇場版Ⅲ-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(2014)、『新宿スワン』 (2015)、『アンフェア the end』 (2015)

1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。PFFスカラシップ作品『自転車吐息』は、ベルリン国際映画祭正式招待のほか、30を超える映画祭で上映された。以後、衝撃作を続々と誕生させ、各国で多数の賞を受賞。映画以外にも大ヒットドラマ「時効警察」(06・07/EX)の脚本・演出なども手掛けている。近年は『愛のむきだし』での第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門、カリガリ賞・国際批評家連盟賞を筆頭に、『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』『希望の国』『地獄でなぜ悪い』が立て続けに海外で高い評価を受け、注目を集めている。近年は『ラブ&ピース』(2015)『リアル鬼ごっこ』(2015)『映画 みんな!エスパーだよ!』(2015)『ひそひそ星』(2016)など活動の幅を広げている。今後の作品としては『ANTIPORNO』(2017)が控えている。

品番:BIXJ-0233
発売日:2017/07/04
価格:6,800円(税抜)
画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
音声:1.日本語 DTS-HD Master Audio 5.1chサラウンド 2.日本語 リニアPCM 2.0chステレオ
公開日:2017年01月公開
製作国:日本
製作年:2017

【特別仕様】三方背アウターケース&デジパック
【封入特典】ブックレット
【映像特典】メイキング/イベント集/予告集

商品詳細

品番:BIXJ-0234
発売日:2017/07/04
価格:4,800円(税抜)
画面:16:9[1080p Hi-Def]スコープサイズ
音声:1.日本語 DTS-HD Master Audio 5.1chサラウンド 2.日本語 リニアPCM 2.0chステレオ
公開日:2017年01月公開
製作国:日本
製作年:2017

【映像特典】予告集

商品詳細

品番:BIBJ-3179
発売日:2017/07/04
価格:5,800円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
音声:1.日本語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド 2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ
公開日:2017年01月公開
製作国:日本
製作年:2017

【特別仕様】三方背アウターケース&デジパック
【封入特典】ブックレット
【映像特典】メイキング/イベント集/予告集

商品詳細

品番:BIBJ-3180
発売日:2017/07/04
価格:3,900円(税抜)
画面:16:9LBスコープサイズ
音声:1.日本語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド 2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ
公開日:2017年01月公開
製作国:日本
製作年:2017

【映像特典】予告集

商品詳細